天神祭奉納花火2015/100隻の大船団とかがり火が告げる夏(# `)3')▃▅▆▇▉@日本三大祭り

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  大阪府     花火

天神祭奉納花火2015/100隻の大船団とかがり火が告げる夏(# `)3')▃▅▆▇▉@日本三大祭り

日本三大祭りの1つと言われる天神祭

1000年以上続く日本三大祭り。大阪市都島区で執り行われる天神祭。2015年7月25日(土曜日)に開催。最後のトリを飾るのが天神祭奉納花火。宿る神へのお届けものとして花火を打ち上げるが、日本にはこのような「奉納」という概念で花火を打ち上げる儀式も数多く見受けられる。日本の代表文化であり、日本の事をよく知っていただくためにも、この「奉納花火」というジャンルに特化して見ても面白いかもしれない。

奉納される炎の幻想的な光景が見所

川崎公園・桜之宮公園を舞台に行われる奉納花火ですが、淀川が大阪港へ注ぐ支流を舞台に行われます。約100隻の大船団が行うかがり火、4,000発にも及ぶ花火が織り成す光景は、まさに神が降りてきているような幻想的な光景を目の当たりにするだろう。毎年、天神様にちなんで、梅鉢の形に開花するオリジナルの花火が打ち上げられ、会場のボルテージを一気に高める。その他にも、文字の仕掛け花火やユニークな仕掛け花火も用意されており、約1,300,000人もの来場者が訪れる祭典のフィナーレを飾る。

そもそも天神祭とは?

日本三大祭り、東京の神田祭、京都の祇園祭、そして大阪の天神祭が日本三大祭りと呼ばれる。天神祭は大阪市内の天満という場所にある大阪天満宮を中心に、毎年7月24日と宵宮、25日を本宮と定めて盛大にごり行われています。この2日間に様々な行事が行われますが、天神ギャル神輿が有名。一般公募で演出され、重さ約200キロにも及ぶ神輿を担ぎ、元気に練り歩く姿は一見の価値あり!また船渡御では、100隻あまりの船が船団を組み、神様に氏子や市民の暮らしぶりをご覧いただき、ご加護を祈願する水上祭も行われる。

天神祭奉納花火会場へのアクセス

約1,300,000人の来場者が集う天神祭。本祭などは神事は大阪天満宮にて執り行われるが、祭りの期間は車は不可、必ず交通機関を活用しよう。JR宮駅西口から桜之宮公園沿いを徒歩2分。京阪鉄道・大阪市営地下鉄の場合は、天満橋駅から徒歩で5分。有料席も用意され、テーブル指定席は5,000円、砂浜自由席は3,500円。会場への入場料は無料。

DATA
住所大阪市北区天神橋2丁目1番8号
電話番号06-6353-0025
最寄り駅地下鉄谷町線及び堺筋線の「南森町駅」を降りて徒歩約5分
駐車場あり
休日なし
営業時間9:00~17:00
料金なし
トイレあり
公式サイトhttp://www.tenjinsan.com/
アクセス地下鉄谷町線及び堺筋線の「南森町駅」を降りて徒歩約5分、JR東西線では「大阪天満宮駅」から徒歩5分。
この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事