箕面大滝/ハイキングとライトアップ、見どころの桜でお花見♬周辺ランチに舌鼓※アクセス

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  大阪府     その他

箕面大滝/ハイキングとライトアップ、見どころの桜でお花見♬周辺ランチに舌鼓※アクセス

箕面大滝とは

箕面山に残る美しい自然

箕面大滝(箕面の滝とも言われる)は大阪府箕面市の箕面山の中腹にある「明治の森箕面国定公園」内にある滝で、日本の滝100選にも選ばれています。落差は33mあり、ダイナミックな様子が見られます。この公園一帯は、景勝地として人気であり、特に紅葉時期のもみじの名所として名高く、年間200万人もの観光客が訪れるスポット。

野生の猿も暮らしています

遡ること約60年、箕面山では大都市近郊で野生のサルが見られる箕面山自然動物公園が開園。時が経つにつれ、観光客がエサを与えたりすることでサルが人に慣れ、住宅街を荒らしたり、観光客に飛びついたりする被害が多発するようになる。その為、20年後に自然公園は閉園。その後もサルの生態研究は続き、餌場を移動し量も減らしました。この結果、サルたちが自然菜食に頼るようになり人間との距離が離れ、人家等への被害は減ったとされる。しかし、今でも箕面山に暮らすサルたちはこの大滝の近くで見られ、観光客のエサやりが後を絶たないため、時折観光客に向かってくることがありますので、注意が必要です。現在は「箕面市サル餌やり禁止条例」が施行されています。もしサルを見つけても決してエサを与えないようにしましょう。

箕面大滝見どころ

箕面駅から大滝までの道のり

箕面駅を出ると、土産店が並ぶ通りを抜け、山へ向かって進みます。600mほど歩くと「箕面温泉スパーガーデン」という温泉施設が左手に見え、プールや娯楽施設も整っています。日帰りでも思いっきり遊べるスポットです。スパーガーデンを越えると桜の時期にはぜひ訪れてほしい「桜の広場」が近づきます。その後、「瀧安寺」が見えます。ここまでで徒歩約15分です。その後、さらに約25分歩くと、箕面大滝にたどり着きます。

箕面大滝の名物

箕面大滝の名物は「もみじの天ぷら」。大阪人には常識のこの天ぷらは、公園自慢の紅葉を塩漬けにして揚げたもの。お店によって少しずつ味が違う為、各店の食べ比べをしてみてはいかがでしょうか。

歩き疲れた足に

ゆっくり景色を見ながらの、箕面大滝までの道は実はかなり足にきます。40分も上りが続きますので、下山したころには疲れが溜まっていることでしょう。そんな時には、箕面駅構内にある足湯で疲れを癒しましょう。駅に足湯が併設されているなんてオツですね。

箕面大滝アクセス

最寄り駅は箕面駅

この滝を含む公園エリアのためにあると言える阪急箕面線の終点、箕面駅が最寄り駅です。阪急梅田駅からは、阪急宝塚線に乗り約20分、「石橋」駅で箕面線に乗り換えです。そこから約10分で到着します。大阪の中心地から30分で着くので、便利な立地ですね。

歩きやすい靴で

駅から箕面大滝までは約3㎞あり、歩くと40~50分かかりますので、スニーカーなどの歩きやすい靴と恰好をお勧めしたい。また、途中こまめに水分補給が出来るように、駅周辺のコンビニでドリンクを購入してからのぼりましょう。

車でのお越しは時期を選んで

箕面大滝へは車でも行けますが、駐車場スペースには限りがあり、紅葉の時期や週末は大変混雑しますので、時期を見て訪れるようにしましょう。

箕面大滝住所

住所箕面市箕面公園1-18
電話番号072-721-3014
バス停箕面
最寄り駅阪急箕面線「箕面」
駐車場なし
休日なし
営業時間なし
料金なし
トイレあり
公式サイトhttp://www.mino-park.jp/
この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事