定山渓の紅葉2015/時期は10月?に紅葉の見頃を迎える散策スポット♬※アクセス

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  北海道     紅葉

定山渓の紅葉2015/時期は10月?に紅葉の見頃を迎える散策スポット♬※アクセス

定山渓とは

美しい渓谷美に彩る紅葉

定山渓は札幌の奥座敷。紅葉の季節になると種類豊富な色とりどりの木々が見ごろを迎える。色彩豊かな自然が温泉を染め上げる光景は圧巻のひと言に尽きる。札幌の中心街から車でおよそ1時間。豊平川の上流に位置する渓谷で、札幌から時間をかけずに行くことができる温泉と言うこともあって人気を集める。

札幌の奥座敷として

札幌市街地から時間をかけずに訪れることができる温泉と言うこともあって観光客は非常に多い。北海道内はもちろん外国人観光客の姿も多い、数年前の調査では、350校以上が修学旅行先に選び、自然の美しさと温泉に癒されているということがわかる。

定山渓の歴史

もともとアイヌの人々には古くから知られていた温泉であったが、1866年にこの地を訪れた僧が小さな小屋を建てて温泉宿としたのが定山渓温泉の始まり。しかし観光地としてなかなか芽が出ない時期が続いていたが1914年に鉱山開発が進められると本格的に定山渓温泉の知名度も上がり鉄道路線が開通する頃には多くの人で賑わう温泉として地位を確たるものにした。

定山渓の見頃

名所が盛りだくさん・定山渓の紅葉

定山渓温泉には紅葉の名所が複数あり、もともとも渓谷の美しさも手伝って秋になると見事な光景を見せてくれる。特に有名なのが二見吊り橋や紅葉橋、時雨橋などから眺める紅葉は息をのむほどの美しさと言える。豊平川沿いに整備された散策路を歩けば、色彩豊かな紅葉を間近で楽しめる。

ゴンドラから眺める山頂

札幌国際スキー場では、スキー場がオープンする前の9月から「紅葉ゴンドラ」の運行を開始している。北海道は日本列島でもいち早く紅葉が見ごろを迎える地域であり、9月中旬頃には山の頂上から順次紅葉が始まるため、ゴンドラに乗って一足早い紅葉見学が拝める。

短い秋だからこそ美しさも映える

定山渓温泉全体の紅葉の見ごろは10月上旬ごろとなっており、雪がちらつき始める11月上ごろまでがピークと言える。全国のどこよりも秋の短い北海道で見ることのできる紅葉は貴重なものだと言ってもいいだろう。10月のピーク時には「定山渓温泉もみじ大茶会」が開催されるほか、紅葉の名所をバスに乗って周遊する「紅葉かっぱバス」も人気がある。お茶会は点心と入浴券付のお茶券を購入する必要があるが、見事な紅葉の中でいただくお茶と温泉の癒しがたまらない。

定山渓アクセス

彩る木々の種類は豊富

定山渓温泉の紅葉を彩る木は代表的なもので7種類が挙げられる。ヤマモミジやウチワカエデ、ナナカマドなどが代表的な紅葉を作りだす木となっており、見ごろの時期は他のエリアに比べると少し早めに終了すると覚えておいたほうがいいだろう。紅葉の時期が終わる前に雪が降り始めることもあり、定山渓公園で紅葉と初雪を体験したという観光客も少なくない。

札幌からのアクセス

定山渓公園はJR札幌駅から車で1時間10分程度の道のりを進んでいく必要がある。路線バスでの来訪も便利だが、時間を気にせずゆったりとした気持ちで紅葉を眺め、温泉に浸かり隊ならレンタカーの利用が便利と言えるだろう。

定山渓住所

住所北海道札幌市
バス停定山渓温泉
最寄り駅JR札幌駅
アクセスJR札幌駅より車で70分

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事