ジブリの森美術館/チケット予約必須、吉祥寺観光のお土産は決まり!?※アクセス

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  東京都     その他

ジブリの森美術館/チケット予約必須、吉祥寺観光のお土産は決まり!?※アクセス

三鷹の森ジブリ美術館とは

ジブリ作品に会える森

となりのトトロ、魔女の宅急便、風の谷のナウシカ...と、日本人なら誰でも耳にしたことがあるであろうジブリ映画の数々。これらの映画の世界へ入り込めるその名も『ジブリ美術館』が東京都三鷹市にある。といっても、2001年の開館以来ジブリファンだけでなくメディアを通して多くの人の間で話題となり続けているこのジブリ美術館。ここではマニアックなジブリ美術館の楽しみ方を紹介する。

Secrets....

1.あからさまな偽受付

三鷹駅方面から吉祥寺通り沿いに美術館に歩いて向かうと、美術館の看板の前で大きなトトロが出迎えてくれる。これは『偽受付』の演出だが、その悪戯っぽい表情を見れば誰でもトトロがチケットを取り扱っていないと分かるであろう。手を差し出せばもしかすると葉に包まれたどんぐりの小包が手渡されるかも?!

2.カンタのおばあちゃんの洗濯のススメ

迷路のような造りの館内だが、一歩外に出てもまた迷路。螺旋階段や巨人兵に会える屋外のスペースでは、あの井戸が存在感を発揮している。ジブリで井戸といえばトトロでサツキとメイがカンタのおばあちゃんの指導の下井戸で洗濯をするシーンが思い浮かぶが、ここではその疑似体験ができる。

3.ジブリとピクサーの夢のコラボ

館内には『トイ・ストーリー』のキャラクターがある形で隠れているという。ジブリは日本版ピクサーと呼ばれ対比されることもしばしばだが、ジブリ美術館内では以前『ファインディング・ニモ』や『モンスターズ・インク』を企画展示で紹介したことがある。世界に知られるアニメのビックスター達の共演が見られるとなっては行かずにはいられまい。

4.ジブリの森のスパイ?!

ジブリ美術館の敷地内には数箇所屋外に出られるところがあるが、そこで目を凝らすと窓からじっと外の様子を窺う二匹の白黒ねこがいる。しかしこの二匹は特に映画に出演したことがない様子。出番を待つ間じっと有名ジブリキャラクターを恨めしく見ているのか、はたまた来る人の様子をただ窺っているのか、その真相は定かではない。

迷子になる前に...

入場は完全予約制

このジブリ美術館、完全予約制で毎月10日に翌一か月分のチケットが販売される。10日が土日祝日にあたる場合は翌平日が販売開始日となり、午前10時からローソンのLoppi、インターネット上と電話で一斉に予約受付がスタートする。

驚きと感動を多くの人に

もうひとつ覚えておきたいのは、ジブリ美術館の館内での写真撮影は禁止されているということ。訪れた思い出を残すために写真の一枚でも撮りたいところだが、後々来る人にサプライズをとっておくため思い出はこころの中にしまっておこう。

住所、駐車場
住所〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1丁目1-83
電話番号0570-055777
バス停JR三鷹駅南口からコミュニティバス2路線
最寄り駅JR中央線三鷹駅
駐車場なし
休日毎週火曜日、年末年始他
料金大人・大学生 1,000円/高校・中学生 700円/小学生 400円/幼児(4歳以上) 100円
トイレあり
公式サイトhttp://www.ghibli-museum.jp/
この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事