仲見世通り/雷門からの250m。89軒が連なる日本土産のお店・・観光客の行列がお馴染み♬

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  東京都     その他  観光名所

仲見世通り/雷門からの250m。89軒が連なる日本土産のお店・・観光客の行列がお馴染み♬

仲見世の成り立ち

副業が転じて仲見世?!

日本で最も古い商店街の一つとして知られる浅草の仲見世。雷門から浅草寺までの約250メートルを東西合わせて89の店舗が文字通り軒を連ねる。興味深いのがその発祥由来。江戸幕府の設置と同時に浅草寺への参拝も奨励されるようになり、浅草寺境内の清掃を課せられていた近隣住民はその賦役と引き換えに境内や参道上での営業特権を獲得した。

ナカミセ

仲見世という名は、雷門と宝蔵門の間(仲)にある店ということで仲店と呼ばれていたのから転じて仲見世となったという。また、人と人との空間的な繋がりを意味する『仲』と、客に商品を見せるという商業的な意の『見世』が合わさって『仲見世』と呼ばれるようになったとする説もある。

幾多の難を乗り越えて

明治維新の新政により、明治18年に東京府は仲見世全店の営業権を没収、取り払いを命じた。その後新たに煉瓦造りの店舗が編成され、赤煉瓦作りの仲見世の誕生となった。そんな明治の息吹を受けた仲見世も大正12年の関東大震災により崩壊し、鉄筋コンクリート作り、桃山風漆塗りの商店街に姿を変える。昭和20年の戦災では商店街の内部が焼失。しかし、商店街の人々の結束の深さが現代仲見世の復興を可能にし、昭和60年には近代仲見世誕生100周年を記念して電飾看板の改修や参道石畳の取替え工事等が行われた。

Nakamise shopping guide

王道

仲見世で買える物の代表として挙がるのはやはり雷おこし、人形焼、揚げ饅頭、団子、そして浅草せんべい。店舗ごとにバリエーションがあるので、様々な店から少量をずつ購入して食べ比べるのもひとつ。気に入ったものをまとめて購入し土産にするのもまたひとつ。

New tastes

商店街はこの仲見世通りだけではなく、平行する周囲いくつかの通り、さらに交差する通りもまた観光客の注意を引く。注目は浅草花月堂の元祖ジャンボメロンパン。『外はカリッと中はふわっと』というよくあるメロンパンの形容の枠を極める感動とそのサイズは一食の価値あり。また、夏には浅草ちょうちんもなかのアイスもなかがおすすめ。バニラ、チョコレート、ストロベリーといった定番から、きなこ、抹茶、黒ごま等の和風アイスクリームの中から好きなフレーバーを選べる。

夜の仲見世

仲見世シャッター街を楽しむ

店舗によって異なるものの、ほとんどの店舗は20時までに閉店してしまう。しかし閉店後も来る人を楽しませるのがこの仲見世、平成18年から仲見世シャッター壁画『浅草絵巻』で夜に訪れる観光客を迎えるようになった。この取り組みはシャッターの老朽化を懸念する声に呼応して始まったもので、東京藝術大学と連携し、浅草草創から浅草の伝統行事と四季を織り交ぜた美しさを今に伝える見事な壁画が仲見世通りのシャッターを彩る。

DATA
電話番号03-3844-3350(仲見世会館)
バス停都営バス・東武浅草駅前 台東区循環バスめぐりん・浅草松屋西
最寄り駅東京メトロ銀座線及び浅草線・浅草駅 都営浅草線・浅草駅 
駐車場なし
公式サイトhttp://www.asakusa-nakamise.jp/
アクセス東京メトロ銀座線・浅草線から徒歩3分 都営浅草線・浅草駅A4出口から徒歩3分
この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事