目黒川の桜/THE SAKURA OF MEGURO…東京に春を報せるピンクの使者♡

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  東京都     その他  

目黒川の桜/THE SAKURA OF MEGURO…東京に春を報せるピンクの使者♡

言わずと知れた桜の名所

基本データ

東京都目黒区の目黒川両岸約3.8kmをおよそ800本のソメイヨシノが咲き競う。3月下旬から4月中旬までが見ごろ。夜桜鑑賞のためのライトアップは目黒川上流で4月の初めから半ばまで。例年周囲で「中目黒桜まつり」や「イーストエリア目黒桜まつり」が開催される。

歴史

度々氾濫し周辺地域に被害をもたらしていた目黒川。1927年に大規模な護岸工事が行われ、工事完成を記して地元の有志達が植えた桜の木がこの桜並木の始まりとされている。以来川の氾濫の度に植え替えが行われており、そのため桜の木の大きさが所々で異なっている。

...でも何が特別なの?

歌川広重が1857年に「名所江戸百景」に描いた太鼓橋を有する目黒川。その目黒川を薄桃色に染める桜は、過去に「関東の人気お花見スポットランキング」1位に輝いている。その桜並木の長さは東京では異例であり、桜並木、ゆるやかに流れる目黒川、そしてその周囲の都会の風景という3つの要素が醸し出す首都東京の春の情景は、見る人に日本の繊細かつ大胆な美しさを訴える。

見どころ

桜のテラス

目黒から中目黒へ向かうちょうど中程にある中目黒公園。そこには「桜のテラス」と名づけられた展望スポットがあり、近くには芝生の広場もあるため家族連れに人気だ。

桜のアーチ

川幅が狭くなる中目黒から池尻大橋にかけては、両岸に咲く桜同士の距離が短くなるのでまるで桜のアーチのように見える。この区間では町会によって甘酒や餅が振舞われることもあり、多くの人が春の訪れを祝いにこの地を訪れる。

イベント会場

中目黒駅近隣の目黒川と蛇崩川の合流地点に設けられる特設ステージでは、例年吹奏楽コンサートやダンス、大道芸パフォーマンス等様々なイベントが催される。本格的なお花見シーズンには周囲に屋台が立ち並び、花見の雰囲気を一層盛り上げる。

社会学的見地から考察

花見客 v.s. 周辺地域町会

野外での宴会につきものなのが利用客のマナー問題。目黒川沿いで開かれる花見客もこの例に漏れることなく、毎年花見客のマナーが問題となるケースがいくつか報告される。これに伴い、周辺地域とりわけ目黒区では運営協議会が問題を未然に防ぐために積極的に取り組んでおり、結果花見客の満足度の向上に貢献しているようである。

地域活性化の源としての桜

上記のような目黒区の取り組みは、区の組織全体のポリシーの礎となっているようだ。つまり、花見客への対応および花見にまつわる一連のイベントの運営方針自体が、地域の活性化や地元住民の結束を高める取り組みを間接的に促しているわけだ。また、地域の歴史や文化を啓発する動きも連動して起こっており、周囲の自然環境とりわけ目黒川の水辺と桜並木の保護を積極的に訴える活動も生まれてきている。これは最終的に花見体験の向上に貢献する動きであるので、目黒川の桜は色々な意味で人々に良い刺激を与えているといえる。

DATA
住所東京都目黒区目黒川沿道(目黒区大橋~下目黒)
電話番号03-5722-6850(めぐろ観光まちづくり協会) 03-5722-9621(目黒区 広報課)
最寄り駅東急東横線・中目黒駅 東京メトロ日比谷線・中目黒駅 JR目黒駅
駐車場有料駐車場あり
休日なし
トイレなし
公式サイトhttp://www.city.meguro.tokyo.jp/ http://www.meguro-kanko.com/
アクセス東急東横線及び東京メトロ日比谷線中目黒駅から徒歩約2分 JR目黒駅から徒歩約5分
この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事