高尾山/登山コースと温泉を名物そばと!

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  東京都     観光名所

高尾山/登山コースと温泉を名物そばと!

高尾山とは

TOKYOにも山はある

八王子市には東京を代表する標高599メートルの高尾山がある。都心部に近いこともあり、全国各地から気軽に訪れることのできる山として知られている高尾山。歴史に登場するのは744年、奈良時代の僧である行基が開山し、真言宗智山派の寺院、高尾山薬王院が創建された。

実は修験道の霊山だった

高尾山が修験道の道場として繁栄するきっかけとなったのは、1300年代後期に飯縄権現を守護神として奉ったことである。以来飯縄信仰の霊山となり、多くの僧が高尾山に籠って修験に励んだとされる。高尾山薬王院は数多くの文化財を有していることから、年間を通して訪れる人の数が多いのが特徴である。

天候が良い日の絶景

高尾山には薬王院のほか、サル園や野草園といったレジャー施設もあり、薬王院に訪れることだけではなく高尾山自体が観光地としての役割を持っている。四季折々の自然を眺めながら周囲の景色を楽しんだり、ケーブルカーを利用しての気軽な登山も楽しむことが可能となっている。天候のいい日には富士山がはっきりと見え、「関東の富士見100選」にも選ばれている。

高尾山の見どころ

1〜2時間で登頂できる

高尾山の魅力は、都心部からのアクセスの良さと整備された登山道。麓から山頂までの時間が1時間半から2時間程度ということもあり、自然の美しさを感じながらのんびりとした森林浴を手軽に楽しめる。年間の登山者は約260万人と世界一の登山者数を誇り、国籍や老若男女を問わず多くの人が高尾山の登山を楽しんでいる。

思い立ったらすぐに出かけよう

高尾山の登山ルートは全部で7つあり、1号路から6号路までの登山道と稲荷山コースの7種類が一般的なルートとなっている。どのコースを選んでも約1時間から2時間程度の山登りとなるため、朝突然思い立って出かけて行っても、十分日帰りで回ることが出来る。

樹齢の古い木々が多くある

高尾山は東京都内にありながら自然が多く残されている場所でもある。特にブナやスギなどの植物が多く、実は高尾山で最初に発見されたとされる植物も多くある。薬王院の境内以外は国有林となっており、樹齢700年とされる巨木があるのも特徴である。高尾山のブナも特徴的で、樹齢は200年とも言われ高尾山の周囲の山にはブナの生えているところはないと言われている。

高尾山アクセス

登山初心者でも安心して登れる

高尾山の魅力は登山に慣れていない人や初心者にも簡単に登ることができるということ。山頂まではケーブルカーやリフトに乗って行くことができ、登山をせずとも山頂の美しい景色を見ることが出来る。山頂から眺める景色は最高で、富士山はもちろん東京都内を一望できる。

都心から1時間の大自然

都心部から1時間程度で行くことができる大自然。春先には都内でどこよりも早くスミレの開花が見ることが出来、固有種の植物も多く自生している。秋は紅葉の名所となり、年間を通して見どころが多い山。

ぜひ気軽に足を運んで楽しんでみてほしい。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事