阿波おどり2015/観覧はチケット必須!?ツアー、日程は要チェック★400年の歴史※動画あり

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  徳島県     祭り

阿波おどり2015/観覧はチケット必須!?ツアー、日程は要チェック★400年の歴史※動画あり

阿波踊り2015=8月12日~15日の4日間

踊るアホウに見るアホウ~

同じ阿呆なら踊らにゃ損!という言い回しで有名な徳島県の「阿波踊り」。阿波とは江戸時代の末までの地方の呼び名で、現在は四国の徳島県にあたる。「日本三大盆踊りとしても知られており、2015年8月12日~15日の4日間、徳島市中心部の屋外や室内の演舞場で鑑賞できる。

祭り期間中は町のあちこちで出場前に練習をするグループや、終わってなお興奮冷めやらぬ踊り手が集い、町全体が踊っているかのよう。また、そのボルテージに感極まった観客も見るだけでは満足できなくなり、やはり「踊る側」へと参入してしまう光景も繰り広げられます!我を忘れて「踊る」のが阿呆なら、ひたすら熱狂して「見る」側も阿呆、そしてそれならいっそ一緒に「踊ろう!」と、皆で楽しむことを真髄とする祭り。

盆踊りのルーツになった踊り

軽快な三味線や笛太鼓にあわせ、菅笠を深くかぶった艶やかな女性達が、そして威勢よく法被に鉢巻、足袋姿の男達が、手足を左右交互に出し、中腰でいながら足では規則正しくステップを踏みつつ前進するのが阿波踊りの振付けの特徴。激しさよりも整然としたその姿や揃いの衣裳の美しさ、一糸乱れぬ隊形が見所ですが、特に勇壮で快活な「男踊り」と、優雅で艶やかな「女踊り」を見比べるのもオススメ。

形式として衣裳や振付で男、女と区別しているものの、実際に踊るには男女を問わない。踊りは15世紀頃、室町時代に、当時の都(現在の京都)で流行した「風流踊り」が元になっているとされる。この踊りこそ、日本各地に色々な形で伝わる、先祖供養としての「盆踊り」の原型。徳島では歌舞伎の動きや三味線の伴奏などを取り入れることで老若男女の区別なく楽しめる、現在のような洗練された芸能になった。

グループごとに技を競い合う「連」

祭り期間には100,000人を超える踊り手が市内を練り歩き、それぞれ「連」と言われるグループを組んで踊る。以前は地域ごとの集まりであったものの、現在では企業や保存会、愛好団体、学校の同窓会のOBたちなど、色々な団体で組まれることも多いのです。特に毎年恒例で参加する「連」や、伝統ある「連」には固定のファンがいるほど。その数はおよそ10,000組にものぼる。

一同は必ず揃いの法被・浴衣を身にまとい、同じく揃いのウチワや、腰からぶら下げた印籠を持ちます。一体となって踊り歩く時には「高張提灯」という先触れ役に始まり、しんがりにお囃子隊という整然とした隊形を組みます。その間に男踊り、女踊り、またはちびっこ組が続くのですが、その先陣のひときわ派手なパフォーマンスをする「花形」と言われる踊り手に注目しましょう。いわば「ソロ」でその踊りの技術を披露する、スターである。

おすすめスポット

まずは桟敷券をゲットしよう!

徳島市役所前を始め、藍浜町・紺屋町・南内町の四か所に設置された屋外演舞場では、道沿いに階段状の桟敷席が作られます。ここではパレードのように、次々と目の前を連が通り過ぎるのを鑑賞できます。指定・自由の二種類があり、S席は踊り手の気持ちがだんだん高揚し、最高潮に達する中央付近、踊り始めの演舞場入口周辺は自由席となるなど、価格帯は様々。

いずれの会場も、18時スタート、20時半スタートの二部制となり、それぞれ5~6組の連を鑑賞できる。あらかじめ観覧時間や場所を決めておける前売り券は割引もありお得ですね。空席があれば各演舞場やコンビニのチケット販売システムで当日券として購入できるので、一部を見ただけでは物足りない!という方は、追加で購入しよう。どの連がいつ、どこで出演するかの情報は、ウェブサイトで要チェック。

選抜阿波踊り大会と前夜祭

屋内演舞場では有名な連が踊りをステージで披露するという、よりショーらしい完成度の高い演舞が楽しめます。桟敷券の仕組みは屋外演舞場とほぼ同じではあるものの、開始時刻が13時半、16時と早めの為、時間に制約のある方、屋外の暑さや天候が心配、という方にはもってこい。また、前夜祭として12日のみ、午前中の鑑賞も出来ます(アスティ徳島のみ)。

桟敷券がない場合、または雨天の場合はどうなるの?

無料の観覧場所としても二か所、「おどりロード」や「おどり広場」といった街角や広場での披露もあるのでご安心を。小規模ながらも、より間近で一体感ある体験が出来ます。その数か所をめぐることでもっと多く踊りを見学することもできますね。そして基本的には「雨天決行」ではあるが、豪雨の場合、屋外の桟敷券は払い戻しとなる。しかし、演舞自体を見るチャンスは無くならない。屋内演舞場の「徳島文化センター」と「あわぎんホール」で、合わせて2000名収容の特別公演が実施される。会場入り口で当日券が販売される(全席自由)。天候の不順な時は早めにチェックしたい。

鑑賞券の購買 http://www.awaodori-kaikan.jp/6awaodori/ticket.pdf

阿波踊り見どころ

飛び入りもOK「にわか連」

さて、「踊る阿呆」の熱気にあてられて、ただの「見る阿呆」だった人も、うずうずして、自分も踊りたい・・・という方へ、「にわか連」をご紹介しよう。踊り方を全く知らなくても、有名連からのワザの手ほどきを受けながら練習して演舞場へと繰り出します。ヤットサ、ヤットオ!の掛け声を出しながら夢中で踊る体験。オリジナル法被の貸し出しもあるが、服装は自由、事前の申し込みや費用も不要です。集合場所と時間についての案内のチラシが配られているので、「にわか連」のスタッフシャツやのぼりを見つけたら是非声をかけてみよう!

お問い合わせ先:徳島市観光協会 088-622-4010

踊り広場でも盛り上がろう

無料観覧場所の中でも、もっともくだけた雰囲気になるのが「おどり広場」「街角おどり」などの広場。踊りの自遊空間、とも名付けられ、様々な連が自由にやってきて踊る内に、観客との垣根を越え、いつしか皆で乱舞になることも。「踊ってこそ阿波踊りの醍醐味がわかる」とも言われるほど、タブーもルールもないのがこの祭りの特色。徳島の夏の夜を、素晴らしい想い出を胸に焼き付けて欲しい。

踊り疲れたら…

街並みを散策しつつ、お祭りグッズを探してみましょう。特製法被や連の関連グッズ、CDやDVDなど過去の記録媒体や、この期間限定のお菓子なども多く販売されている。また、お腹がすいた時は「徳島ラーメン」や阿波名物「たらいうどん」などのご当地グルメも楽しめる。そして阿波踊りが年中見られる「阿波踊り会館」と隣接した「眉山ロープウェイ」で街の喧騒を離れ、徳島のシンボルの山から夜景を楽しむのも素敵な想い出になるはず。期間中は午後10時までの夜間運転をしている。

眉山ロープウェイのHP http://www.awaodori-kaikan.jp/bizan-ropeway/ 

阿波踊りアクセス

徳島へは陸路(JR・高速バス)、航路、空路と各種のアクセス方法がある。各到着地から演舞場などの中心地までは以下の通り。JR徳島駅・高速バスターミナルから:徒歩10分で市役所前演舞場、徳島文化センターなど主な演舞場に到着。徳島港から:フェリーで到着の場合、JR徳島駅まで市営バス6番乗り場より乗車(所要時間約20分)徳島「あわおどり」空港から:リムジンバス1番乗り場より乗車(所要時間約35分)関西国際空港からは空路乗継と、高速バスの利用の二つの方法がある。四国へ渡る際、強風・台風などの荒天時は陸路であっても連絡橋の通行止めが予想され、天候情報には要注意。

阿波踊り会場

最寄り駅JR徳島駅
公式サイトhttp://www.awaodori.net/
アクセスJR徳島駅より徒歩
開催時期2015年8月12日~15日

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事