築地で味わう!絶品海鮮丼

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  東京都     観光名所

築地で味わう!絶品海鮮丼

市場があることで有名な築地。プロの買い付け人が来る「場内(場内市場)」と一般の観光客も自由に買い物が可能な「場外(場外市場)」とに分かれ、多くの観光客が訪れる東京の人気スポットの一つだ。市場の取引金額は世界最大とも言われるその活気あふれる市場周辺では、新鮮な魚介類が豊富に集まり、魚のことを知り尽くした店主たちがこぞって自慢のお寿司や海鮮丼を提供している。 今回は、味に加えてインパクト、価格、1点集中食材の3つの視点からオススメ店を紹介したい。

2段式の丼はインパクト大!

出典:http://tabelog.com/

海鮮丼風の上段とばらちらし風の下段の2段式の丼「築地場外丼」で驚かせてくれるのは「刺身BAR 河岸頭」。 運ばれて来た瞬間、その豪華さからまず写真に収めたくなるほどだろう。店のオーナーは元築地市場の職員。 魚のことを知り尽くしたオーナーが自信を持って届ける「築地場外丼」は、見た目のインパクトだけでなく味でも楽しませてくれる。

【住所】
〒104-0045東京都中央区築地4-12-2ライオンズマンション東銀座地下一階

ランチは600円?!リーズナブルな海鮮丼

 

KENTA SANOさん(@ken.444)が投稿した写真 - 2015 7月 1 9:29午後 PDT

 

海鮮丼風の上段とばらちらし風の下段の2段式の丼「築地場外丼」で驚かせてくれるのは「刺身BAR 河岸頭」。 運ばれて来た瞬間、その豪華さからまず写真に収めたくなるほどだろう。店のオーナーは元築地市場の職員。 魚のことを知り尽くしたオーナーが自信を持って届ける「築地場外丼」は、見た目のインパクトだけでなく味でも楽しませてくれる。

【住所】
〒104-0045東京都中央区築地4-12-2ライオンズマンション東銀座地下一階

溢れんばかりのうにを!

 

Ayana Oharaさん(@oa0523)が投稿した写真 - 2015 12月 16 9:57午後 PST

 

築地でうにといえば「うに虎喰」だ。さまざまな種類のうにを食べ比べられるのも嬉しいところ。メニューを見ても、うに!うに!うに!もちろん、他の海鮮も食べられるが、特に「うに」を食べたい時にはもってこい。 あふれんばかりのうにを思う存分楽しめるのも、うに専門店ならではだ。

【住所】
東京都中央区築地-10-14 加藤市場 1F

築地市場は2016年11月に移転

実は築地市場、建物の老朽化などの問題から2016年11月には豊洲へと移転することが決まっている。 しかし、移転が決まったのは先に説明した「場内(場内市場)」のみで、「場外(場外市場)」は変わらず営業することができ、築地新市場として多くの店舗が入ることも予定されているため、市場移転後も築地が海鮮グルメスポットとして君臨することは間違い無いだろう。

最後に番外編

出典:http://rocketnews24.com/

旅行者が選ぶ日本のレストラン1位にも選ばれ、朝5時半から2時間以上の大行列ができることでも有名な「寿司大」。2600円のにぎりセットか、4000円のおまかせコースかを選ぶことになる。そのコストパフォーマンスは折り紙付き。金額からは想像できないようなクオリティーのお寿司が食べられる。早くて2時間、遅くて4〜5時間並ばねばならないが、 それも旅の想い出話にはいいかもしれない。市場移転までに築地を訪れるならば、幻になる前に一度は行っておきたい。

【住所】
東京都中央区築地5-2-1 築地市場 6号館

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事