庶民のごちそう「すき焼き」に舌つづみ

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  全国     グルメ・食事  日本の文化

庶民のごちそう「すき焼き」に舌つづみ

文明開化の味 すき焼き

出典:https://www.instagram.com/

すき焼きとは?

すき焼きとは、薄く切った牛肉や、ネギ、春菊、椎茸、焼き豆腐、白滝などのザクと呼ばれる他の食材を、浅い鉄鍋で焼いたり煮たりして食べる料理である。 日本の各地方で調理法が異なっているが、醤油とみりんと日本酒を混ぜ合わせた割り下と呼ばれる汁を使って煮込む。 調理したものは、溶き卵につけて食べることが多い。日本の卵は生食ができる基準のものしか出回らないため、安全である。 すき焼きは、家族全員で食べる、一家団欒の象徴とも言える料理である。

すき焼きの歴史

出典:https://www.instagram.com/

もともとすき焼きは、「鋤」の上に鶏肉などを置いて「焼く」料理だった。 江戸時代の末に日本が開国し、外国人居留地の人々から牛肉が伝わってくると、それが今日のすき焼きの原型である「牛鍋」という形で食べられ始めた。 明治時代になると、日本の文明開化の象徴として人々の間ですき焼き(牛鍋)は大流行し、小説などにも登場するようになった。 すき焼きという言葉は関西で用いられていた言葉で、それが全国的に広まって今のすき焼きとして定着している。

関東風のすき焼きと関西風のすき焼き

すき焼きには、大きく分けて日本の東と西で二種類の食べ方がある。 関東では、肉や野菜を一緒に鍋に入れ、割り下や醤油、みりんを合わせた出汁を鍋に入れて煮る「牛鍋」スタイルのすき焼きが食べられる。 一方関西では、砂糖と醤油でまず肉を焼いて、それから野菜を入れて煮るという、元祖すき焼きとも言えるスタイルのすき焼きが食べられる。 北海道や東北・新潟県など北国では豚肉を、滋賀県や愛知県では鶏を使うことが一般的だったこともあり、地域差も見られる。

すき焼きのまめ知識

出典:https://www.instagram.com/

すき焼きとしゃぶしゃぶの違い

しゃぶしゃぶとは、非常に薄く切った肉をだし汁にさっとくぐらせて加熱し、野菜や豆富などの食材と共にタレにつけて食べる料理である。 すき焼きは割下で煮込むが、しゃぶしゃぶは肉を二、三回だし汁にくぐらせるだけなので煮込まずに食べることが大きく異なっている。 また、しゃぶしゃぶ用の肉はすき焼き用の肉よりもさらに薄く、少し加熱すればすぐに食べ頃になる程度の薄さになっている。 どちらも美味しいので、食べる機会があるのであれば是非食べ比べてみるとよいだろう。

東京で食べられるすき焼きの店

東京ですき焼きを食べられるオススメのお店をいくつか紹介する。 ひとつめは、明治二年創業、140年以上の歴史を持つ老舗である、日本橋の「伊勢重」は、東京で最も歴史の長いすき焼き屋である。 最高級の霜降り和牛を使った伝統の味を、個室で頂くことができる。 ふたつめは、東京駅にある「浅草今半 グランルーフ店」。夜には厳選された黒毛和牛を使った美味しいすき焼きを、リーズナブルな価格で頂くことができる。 席数は14席となっているので、少人数でいく時にオススメしたい店である。

京都で食べられるすき焼きの店

出典:https://www.instagram.com/

京都でもオススメしたいすき焼きのお店をいくつか紹介する。 ひとつめは、「三嶋亭 本店」。創業明治六年の関西を代表する老舗だ。 昼間のランチコースですき焼きを食べると、夜の値段の半額ほどで食べられるため、昼を狙って訪れる人も少なくない。 二つ目は、「三島亭」と並んで有名な、創業明治二年の「モリタ屋 木屋町店」。 古き良き京都のたたずまいが残る店舗でいただくすき焼きは絶品。是非予約をして京都のおもてなしを味わって欲しい。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事