東京駅からもアクセス良好!クルーズでお堀を巡れば新たな東京が見えてくる。

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  東京都     観光名所    絶景  日本の文化

東京駅からもアクセス良好!クルーズでお堀を巡れば新たな東京が見えてくる。

今と昔の東京を一度に楽しむ、お堀周遊クルーズ

出典:https://www.instagram.com/

今でも残る江戸時代の足あとを感じて

かつて江戸城(現在の皇居)を取り囲んでいた水路は内濠も外濠もその多くが残存し、江戸時代の足あとを今に伝えている。 そのお堀をめぐることで、現在のお堀周辺の東京はもちろんの事、江戸にまつわる歴史までも感じられる素敵な時間を過ごすことができるだろう。 ”めぐる”と一言に言ってもさまざまなめぐり方があるわけだが、今回は実際にお堀の中を船に乗って周遊できるクルーズをオススメしたい。

江戸と東京を比べて楽しむ

出典:https://pixabay.com/

先に述べた通り周遊クルーズでめぐる水路は、かつて江戸城のお濠であったものである。 クルーズのルートには江戸文化の一つである「浮世絵」のモチーフになった場所も含まれており、浮世絵や古地図などと見比べながらクルーズを楽しめば、 「変わったもの」と「変わらないもの」を目で見て感じることができる。 Googleマップを起動すれば、現在地と進路をより正確に把握することもできるので、お堀と立ち並ぶ現代の建物、古地図にGoogleマップ、浮世絵にカメラ、いくつもの対比の中で時の流れを感じることができるだろう。

次々に現れる”橋”にも注目

クルーズでお堀を周遊していると、さまざまな橋を見ることができる。 東京都内で最も古い橋である常磐橋は、1877年(明治10年)に現在の石橋になった。(それ以前は木の橋だった) 船着場からも見える日本橋は石橋としては二代目で、こちらは1911年(明治44年)に架け替えられたものである。いずれの橋も100年以上前に架けられたものであり、その佇まいからは趣を感じられる。 隅田川の名橋のひとつ、清洲橋も忘れてはならない。ドイツのライン川にかかる吊橋をモデルにしたこの橋は、遠くに東京スカイツリーも遠望できる。

東京駅からのアクセスも良好!日本の始点”日本橋”へ

出典:https://www.instagram.com/

日本道路の始点、日本橋!

お堀周遊クルーズ船着場もある日本橋は、日本道路の始点でもある。それを示す""道路元標”もあるので、クルーズ前に見てみてはどうだろうか。 戦前、道路法により各市町村の""市役所”や”県庁”に道路元標が設置されていたが、首都である東京では江戸時代に五街道の起点が日本橋であったことを受け継ぎ”日本橋”に道路元標が設置された。つまり、この道路元標も日本の歴史を感じられるものの一つなのだ。

ガイド付きクルーズや食事つきクルーズも充実

周遊クルーズは、所要時間、金額、船の大きさも様々。 1500円程度の気軽なものから、食事付きでゆったり時間をとって回るものなど、クルーズ会社もクルーズの種類も豊富なので希望に合わせて選ぶことができる。 事前予約、もしくは現地での申し込みで利用できるが、事前予約しか受け付けていない会社もあるので、事前に調べることをオススメする。 風を切って東京の街を眺めながらゆったりとクルーズを満喫するのももちろん素敵だが、ガイドツアー付きのクルーズで気軽に東京の歴史まで感じてみてはいかがだろうか?

出典:https://www.instagram.com/

東京駅から日本橋船着場へのアクセス

日本橋船着場へは、東京駅から歩いても徒歩15分程度なので天気の良い日であれば街を見ながら歩いてみてもいいだろう。 電車であれば、東京メトロ銀座線・半蔵門線の「三越前」駅B6出口と、東京メトロ銀座線・東西線の「日本橋」駅B12出口が最寄駅。 東京駅から丸の内線”池袋 行き”に乗り、次の「大手町」駅で半蔵門線に乗り換え。”渋谷・表参道方面行き”に乗って、次の「三越前」駅で下車。所要時間は乗り換えも含めて7分ほどだ。東京駅から丸の内線に乗る際、前から5両目に乗ると半蔵門線への乗り換えがスムーズ。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事