初めての大阪旅行に最適!フル活用でお得なアイテム/大阪周遊パス

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  大阪府     その他

初めての大阪旅行に最適!フル活用でお得なアイテム/大阪周遊パス

大阪周遊パスとは

大阪旅行の必需品

大阪市交通局が販売する大阪周遊パスは大阪市内の交通機関で利用できる乗り放題パスポートのこと。堺市や尼崎市の一部を含む、市営ニュートラムと市営バス、市営地下鉄や私鉄各線の公共交通機関が1日乗り放題の電子カード式パスポートで、大阪観光にはなくてはならない存在とも言える。

始発から終電まで利用可能

パスポートを自動改札に通すだけで1日(2日券もあり)公共交通機関の利用が乗り放題となるため旅行の際の移動にはもってこい。始発から終電までの間が利用可能となるほか、大阪市内28の施設が無料となる特典があり大阪観光で是非行ってみたいと思う場所があるならダンゼンお得。前もって観光ルートを調べておくことで効率よく、かつお得に利用できるのが最大の魅力となっている。

特典はフルに活用したい

カード乗車券を提示することでもらえる「TOKU×2クーポン」は16の施設で割引などの特典が受けられる。カード乗車券の提示のみで特典が受けられるケースもあるので前もって確認しておくのも○。無料で利用できる28の施設は乗車券の利用と同日に行う必要があるが、クーポンは後日利用することも可能。提示の際は使用済みの乗車券の提示が必要となるので、使い終わってもクーポンとともに保管しておくのがベスト。

購入と活用法

購入に関して

"「大阪周遊パス」の購入場所は主に大阪市交通局、各観光案内所、ホテルなどとなっている。1日券のみであれば各交通機関での販売も行っており、ホテルなどではクレジットカードで支払いが可能となるケースもある。2日券は大阪市交通局をはじめ、関西ツーリストのインフォメーションセンター、観光情報プラザなどで購入可能。 気になる価格は1日券が2,300円、2日券(連続する2日間の利用に限る)は3,000円。大阪滞在が長ければ2日券のほうが断然お得となる。小児用のパスポートはないが、別途市営地下鉄とニュートラム、バス全線で利用できる1日乗り放題エンジョイカードを利用すれば小児は300円で利用できるため併用してみてもいいかもしれない。 "

1日券と2日券の違い

1日券は春夏版と秋冬版に分かれており有効期限内に使用する必要がある。有効期限までの1日間に限り、始発から終電までの利用が可能。一方2日券は連続する2日間の利用が可能。

おすすめモデルコース

"1日公共交通機関が乗り放題となれば大阪観光も効率よく回ってお得な旅にしたい。大阪観光の初心者なら定番観光コースをめぐるのもオススメ。なんば駅から日本橋駅を経由して恵美須町駅で下車。通天閣や新世界商店街などを巡って動物園駅前で乗車、再びなんば駅で下車してリバークルーズ!そのあとは大阪城へ向かったり東梅田で観覧車や空中展望台へ向かうなど無料入場を活用して最後に天然温泉で歩き疲れた体を休めるのもいいかも。 2日券利用ならユニバーサルスタジオジャパンや公式ホテルへの宿泊もオススメ。"

海外からの利用について

外国語ガイドブックも充実

便利でお得な大阪周遊パス。英語や韓国語、中国語のガイドブックも用意されており、大阪が初めてという海外からのゲストにも好評となっている。JRの利用はできないが、地下鉄やバス、私鉄などで各観光名所に行くことが可能なので、フル活用して大阪旅行を楽しみたい。

空港からの利用について

大阪国際空港での販売はされていないため、購入は空港リムジンバスで移動し梅田駅やなんば駅といった主要ターミナル駅で購入するのが主流。関西国際空港では南海関空版(2,900円)の販売が可能になるため南海関西空港駅からそのまま利用することができる。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事