ムスリムも安心して日本で食事ができる時代へ!

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  東京都     その他  グルメ・食事

ムスリムも安心して日本で食事ができる時代へ!

イスラム教徒が日本で困ること

 ムスリムと食文化

現在日本国内で居住しているイスラム教徒(ムスリム)の数は諸説あるものの50,000人~200,000人という見方もある。特に日本人のムスリムは配偶者がムスリムであることから改宗する傾向が多いと言われている。広く知られているイスラム教の禁忌はアルコールと豚肉を口にすることである。料理酒やブイヨン、ラードを用いた食材も含まれているため、日本でムスリムが食事をする上でイスラム教の禁忌を避ける食事をすることは大変難しい。

安心して食べられるお店が急増中

ムスリムがハラム(禁じられているもの)を気にすることなく食べられるもの(ハラル)を提供しているお店が増えていることをご存知だろうか。代表的なハラルの例として、野菜・果物・魚・卵・牛乳などが挙げられ、ハラムの代表例には、豚・犬・アルコール・かぎづめのある動物などとなっている。海外から多くの外国人が訪れ、オリンピックを控えた今、ムスリムが安心して食事ができる環境づくりが進められている。

厳しい基準をベースに

マレーシアのハラル認定基準は通用度が高いと言われている。この基準をベースとして禁忌食材を除くことはもちろん、製造過程でハラムが混合することがない仕組みを作り出している。その基準をクリアした飲食店が東京都内にも増えてきており、日本におけるムスリムの食事に幅が広がったと言える。

東京都内でハラルフードが食べられるお店

 牛肉を美味しく食べよう

豚肉を食べることは禁じられているが牛肉については口にしているムスリムも多い。日本式の焼肉を堪能したいなら六本木の「炭焼き屋」や渋谷の「牛門」がハラル対応の店として有名。どちらも日本を代表する繁華街であることから利便性やアクセスも良好、ショッピングを堪能した後に焼肉を味わうならココ。 同様に牛肉をしゃぶしゃぶでいただくなら渋谷の「花咲かじいさん」もオススメ。たっぷりの野菜を出汁にくぐらせていただく和食は、日本初体験のムスリムにも好評。

安心して食べられる日本料理

日本で味わうなら「日本料理」は外せない。ハラルメニューを扱う和食レストランは西麻布の「くすもと」。豚肉やお酒を使わない和食は日本人でも興味津々。テーブル席も用意されており、座敷に慣れない人でも安心して楽しめる。 東武池袋店に入店する「美濃吉」もハラルフード取扱店。ムスリム向けのメニュー「ハラル御膳」は京都ハラル協議会から証明書が発行されるなどお墨付き。

祖国を思う人が集う

トルコ系のレストランはハラルミートを扱うお店が多く新宿の「ウスキュダル」はムスリムにはどことなく祖国を思い起こさせる雰囲気と味が楽しめる。料理だけでなくインテリアにも気を使い、国を離れて暮らすムスリムにはホッとできる空間と言えるだろう。

日本人にも人気のトルコ料理

中野にある「カタルゴ」もアラブ・トルコレストランとして有名なお店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく本格ハラル料理は、ムスリムだけでなく日本人の姿も多く見られ人気度の高さが伺える。

国際都市から始まるハラル

食文化の歩み寄り

日本はイスラム教国家ではなくムスリムの数も多いとは言えない。海外から日本へ来るムスリムが増えたことは喜ばしいことだが、一方で日本で食べることのできる食事に困るのも事実。安全で安心な基準をクリアしたお店が東京や大阪と言った国際都市を中心に広がっていくことで、観光目的で日本を訪れる人や、仕事で日本へ来ているムスリムが快適な食生活を送ることができる日も遠くはないのかもしれない。

 ハラルフード

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事