電車で旅する外国人ならコレを使え!/ジャパンレールパス

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  東京都     その他  日本の文化

電車で旅する外国人ならコレを使え!/ジャパンレールパス

ジャパンレールパスとは

電車で日本を旅する外国人向けの切符

外国人観光客向けに販売されている「ジャパンレールパス」。現在6社あるJRグループが販売を行っており日本国内を電車で旅する人におすすめな切符。一部の新幹線で利用ができない他は自由に乗り降りすることができるため、人気となっている。ただしジャパンレールパスを手に入れるには条件があり、条件を満たしていなければ購入することができない。

 

購入に当たっての必須条件

日本以外の国に永住権を持っており、日本国籍を有していること。また日本に住んでおらず外国人の配偶者がいる場合。
前者の場合永住権を持っていることを証明できるものと、購入する本人が外国に住んでいることの照明が必要となる。後者の場合は外国人配偶者との婚姻関係を証明するもの、海外に居住していること、外国人である配偶者が外国に居住していることが証明できる書類を提示する必要がある。

 

パスポートに短期滞在の証明をもらう

日本国籍を持たない外国人の場合、「短期滞在」の入国資格、つまり観光目的で訪れた外国人であること。
現在日本の「入国管理法」では観光目的であれば15日間、もしくは90日間の滞在を許可している。パスポートには希望すれば入国資格を証明するスタンプやシールを貼ってもらうことができ、レールパスを利用したい場合にはスタンプやシールがパスポートにあることが購入の条件となる。 

 

ジャパンレールパスの購入方法

まずは出発地の代理店で引換証を購入

利用資格を満たしていて電車による移動をするなら購入について考えてみよう。購入は日本国内で行うことはできず、出国前にJR指定の販売店か代理店を通して購入することになる。旅行代理店はJTB・日本旅行・近畿日本ツーリスト・東武トップツアーズなどがあり日本航空や全日空などでも購入可能。日本航空と全日空に関してはJALやANAグループの飛行機に搭乗することを条件に販売するので注意が必要。

引換証はどこへ持っていくの?

代理店から受け取った引換証はJRの主要駅にある引換所に出向いて引換を行う必要がある。海外から到着して最短で引換が可能な場所は、成田空港駅・空港第2ビル駅・羽田空港国際線ビル駅の3か所。東京都内の駅であれば東京駅・上野駅・新宿駅・渋谷駅・品川駅・池袋駅の6駅となる。切符売り場やインフォメーションセンター、トラベルセンターなどが主な窓口となっている。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事