駒ケ岳と大沼公園/北海道で登山観光♬遊覧船よりレンタサイクル♡ワカサギ釣りも!?アクセス情報

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  全国     絶景

駒ケ岳と大沼公園/北海道で登山観光♬遊覧船よりレンタサイクル♡ワカサギ釣りも!?アクセス情報

駒ケ岳と大沼公園とは

駒ケ岳と大沼の切っても切れない関係

大沼国定公園内には大沼と小沼などの湖に大小さまざまな島が点在している地域と駒ヶ岳を含む国定公園で、その存在自体の美しさが人々を魅了する。湖沼の持つ自然の美しさと駒ヶ岳の雄大さを融合させると、それぞれの美しさを強調しあい、さらに雄大見える不思議な場所でもある。

大小いくつかの島から構成される大沼公園

大沼国定公園は1958年に国定公園に指定されたエリアで、駒ケ岳の噴火による土石流が窪みをせきとめたことでできたのがこれらのエリアに点在している大小の湖沼。特に有名なのが大沼と小沼、そしてジュンサイ沼で、シラカバの木やカエデといった木々が周囲に立っているため四季によって違った印象を与える。

四季折々の自然が美しく楽しみ方も多い場所

特に有名なのが紅葉の季節の大沼公園で、木々の葉が色づき始めると周囲の景観は見事に変わる。黄色や赤、褐色などに色づいた紅葉と周辺の湖沼が大変美しく、新日本三景にも数えられる。そのため函館観光から足を延ばしてこの地を訪れる人も多く、年間を通して人気の高い観光スポットになっている。

大沼公園の見どころ

紅葉の季節に魅せる絶景

大沼公園の感動的な景色といえば、やはり紅葉の季節だろう。昼夜の気温差が大きく、紅葉がより美しく色づくと言われる。紅葉の名所として知名度を上げたため、大沼公園駅を降りるとそこからすぐに紅葉を楽しむことができるなど見どころは多い。

小島めぐりは味わい深い

そして紅葉の季節に楽しめるのが「北海道大沼グレートランウォーク」や「大沼紅葉祭り」で、駒ケ岳の雄姿と大沼の紅葉を一度に見ようと訪れる人が一気に増える。大沼と小沼には大小126の小島が浮かんでおり、そのいくつかの小島には橋で結ばれています。橋を使えば遊歩道で繋がり島めぐりも楽しめる。

遊歩道で小動物との出会いを

大沼と小沼の遊歩道は全部で5コース用意されており自由に景観を楽しみながら散歩できる。四季折々の自然を楽しむとともに、小動物や野鳥などに出会えることも多いため普段見ることのできない動物たちとの出会いもぜひ体感して欲しい。

大沼公園の楽しみ方

冬はワカサギ釣り♡

大沼公園の冬はワカサギ釣りを楽しむ人々の姿で賑わう。やりたいと思っていてもなかなかできないのがワカサイ釣りだという人も多く、大沼が氷結すると美しい景勝地からワカサギ釣りの名所に変身する。自分で釣ったワカサギをその場で食べることができるというのもまた魅力で、小さな子供から、お父さん、お母さんまで童心に返ってエンジョイできる冬の大沼の楽しみ。

サイクリングで爽快な旅を

秋や冬の楽しみばかりで春と夏はあまり見どころがないと思われがちな大沼公園は寒冷期も楽しめる。特に外周約14キロというサイクリングコースは、車ではあっという間、徒歩では長すぎる、自転車は程よく大沼を楽しめるアイテムとして活躍。豊かな自然の中をゆったりと進めば、きっと爽快な気分になれるだろう。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事