【京都】観光するならここだ!2,000ヵ所以上から選出した神社・お寺仏閣30選

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  京都府     神社・寺

【京都】観光するならここだ!2,000ヵ所以上から選出した神社・お寺仏閣30選

禅林寺

秋は紅葉の永観堂

京都市東山に建つ禅林寺は1,100年以上の歴史を誇る古刹。永観が住職を務め、禅林寺内に薬王院という診療所を建てて民衆を病苦から救ったという功績により、永観堂とも呼ばれて親しまれている。禅林寺の御本尊は阿弥陀如来で、首を90度近く横に曲げてこちらを見ている珍しい姿。その容姿から、みかえり阿弥陀と呼ばれている。ある朝、安置してあった阿弥陀如来像が急に起き上がり、歩き始めた。永観住職があまりの驚きに呆然と立ち尽くしていると、阿弥陀如来は「永観、おそし」と言ってさらに歩を進めたという。この伝説から、阿弥陀如来像は後ろを見返るようにこちらを向いているのだということだ。永観堂は紅葉の名所で、秋は紅葉の永観堂と呼ばれるほど。多くの観光客が訪れる様は圧巻。カメラ片手に是非訪れよう。地下鉄東西線の蹴上駅から徒歩約20分。

春日神社

病気平癒・災難厄除の神様

1,200年近い歴史を持つとされる古刹、京都市西院の春日大社。当時、天皇の皇女が病気にかかって苦しんでいたが、神前の霊石にその病気が移って内親王が良くなったとの伝説が残る。このことから、春日大社の神様は病気平癒・災難厄除、さらには交通安全・旅行安全などの守り神として市民の篤い信仰を集めることとなった。秋に行われる春日祭は盛大で、多くの神輿が拝殿の周りを巡る姿は壮観。西院の拝殿回りとして有名で、市民の無病息災と五穀豊穣を祈願する人気の祭りだ。阪急京都線の西院駅から徒歩数分。

下鴨神社

世界遺産に登録済み

下鴨神社は正式には賀茂御祖神社というが、鴨川の下流に祀られていることから下鴨神社と呼ばれて市民に親しまれている。歴史的価値が高く、西殿・東殿は国宝に指定され、寺全体が世界遺産に登録されている。毎年5月に行われる葵祭は京都三大祭のひとつに数えられ、1,400年以上も昔から飢饉や疫病から民衆を救うために行われていると伝わる歴史あるイベント。当時の装束そのままに京都御所を出た行列が下鴨神社へと入って来る。機会があれば是非その優雅な行列を見に行ってみよう。京阪または叡山電鉄の出町柳駅から徒歩約20分。

上賀茂神社

雷の神様

正式には賀茂別雷神社という、上賀茂神社。その名のとおり雷に関する賀茂別雷大神を御祭神とする神社である。雷を司る神様であるため、雷除・電気関係の仕事に御利益があるとして崇拝されている。また鬼門を守る神様としても有名で、建築業界の方々も多く参拝するようになった。5月に行われる葵祭と呼ばれる賀茂祭には多くの観光客が集まる。京都御所を出て下鴨神社を経由してやって来る大行列は昔の装束を着飾った方々が粛々と進み、圧巻の見応え。地下鉄烏丸線の北山駅から徒歩約30分。

北野天満宮

菅原道真公を祀る天神・天満宮の総本社

京都市街地の北側、北野エリアに建つ北野天満宮。1,000年以上前に建てられたという歴史深い神社で、菅原道真公を祀り、特に学問の神様として崇拝され、入学試験や習い事の試験前には多くの合格祈願の方々が祈祷に訪れる。北野天満宮は紅葉の名所で、菅原道真公も紅葉の歌を百人一首に残している。境内のもみじ苑では秋になると250本もの木々が赤く染まり、展望所からの眺めはまさに絶景。カメラ片手に是非訪れたいところだ。京福北野線の終点、北野白梅町駅から徒歩約10分。

貴船神社

水と縁結びの神様

京都市街地の北、鞍馬山と貴船山の間に流れる貴船川沿いに建つ、貴船神社。水を司る神様である貴船大神が日照り続きのこの地に雨を降らせたという伝説により、御祭神として貴船大神を祀っている。また、中宮と呼ばれる祠には磐長姫命を祀るが、こちらは縁結びの神様として昔の女流歌人にも崇拝されたほど。現代でも若いカップルを中心に人気のスポットとなっている。叡山電鉄の貴船口駅から徒歩約30分。

東寺

平安京の遺構

1,200年以上昔の平安京遷都とともに造営された、東寺。唯一残る平安京の遺構として歴史的価値が高く、世界遺産にも登録されている。国を守護するための国立の寺院として建てられた東寺は弘法大師空海の教えによって密教寺院として栄え、篤い信仰を受けることとなった。境内に建つ五重塔は一番人気の写真撮影スポットとなっており、新幹線に乗っていても見えることからこの辺り一帯のランドマークにもなっている。五重塔の中には大日如来像が安置されており、密教の教えを色濃く反映している。京都駅から徒歩約15分。

清水寺

壮観!清水の舞台

京都市の東山、東海道の北に広がるのが清水寺である。「清水の舞台から飛び降りる」という慣用句でお馴染みの本堂の舞台は境内にせり出しており、そこからの眺めは抜群。特に京都市街地に沈んでいく夕陽は言葉に出来ないほどの美しさだ。清水寺は世界遺産に選定されており、境内の伽藍には国宝や重要文化財が目白押し。また境内には音羽の滝という霊泉が絶えず湧き出しており、飲むと無病息災や良縁に恵まれると伝わるため多くの観光客で賑わっているスポットだ。京阪本線の清水五条駅から徒歩約30分。

金閣寺

金ピカの美しい寺

京都市街地の北側に建つ美しい寺、金閣寺。正式名称を鹿苑寺といい、アニメの一休さんでもお馴染みの金閣寺は将軍様ととんち合戦を繰り広げるあの建物である。金閣寺の舎利殿は3階建てで、2階と3階は金箔が貼られていて金色に光っており、鏡湖池と呼ばれる池の水面に映って素晴らしい景観だ。京福北野線の終点北野白梅町駅から徒歩約20分。

銀閣寺

銀ピカではないが、美しい寺

京都市街地の北東に位置する銀閣寺は金閣寺と並ぶ人気のスポットで、両者をハシゴで拝観する方も多い。正式名称は東山慈照寺といい、金閣寺のように金ピカでも銀ピカでもないが、雰囲気ある建物が人気だ。京阪出町柳駅から東に約3km。

鞍馬寺

天狗の里

京都市北部、鞍馬山の中腹に建っているのが鞍馬寺である。源氏物語で光源氏と紫の上が初めて出会った寺のモデルが鞍馬寺だといわれており、当時からの人気の高さを伺うことが出来る。源義経が幼少の頃に鞍馬山に入り、天狗に兵法を習ったとされる。鞍馬寺へは九十九折の参道を登って行くルートが昔から有名だが、ケーブルカーが通るようになり、途中までは簡単に行けるようになった。ケーブルカーの山門駅までは叡山電鉄鞍馬駅から徒歩数分。

高山寺

国宝・鳥獣人物戯画

京都市街地の北西にある栂尾山に建つ、高山寺。建物や工芸品には歴史的価値の高い文化財が多く、国宝に指定されている鳥獣人物戯画が大変面白いので必ず見て欲しいところ。鳥獣人物戯画は4巻で構成される動物の絵で、ウサギやカエルなどがまるで人間のように川遊びをしたり追いかけっこをしたりして遊ぶ姿が滑稽だ。鼻をつまんで川に飛び込むウサギなどはリアルな描写が素晴らしい。

三十三間堂

圧巻の仏像1,000体

京都駅の東、駅から徒歩圏内という便利な場所に建つのが三十三間堂。長細いお堂の内部の柱間が33を数えることからそのような名前が付いているが、正式には蓮華王院という名前である。中には国宝の千手観音坐像を安置するが、その前の段には1,000体もの千手観音像が一斉に並び、圧巻の光景を醸し出している。京都駅から東に歩いて20分ほど。

三千院

格式高い門跡寺院

鞍馬山の東、比叡山の北に位置する大原地区に存在する三千院。昔の歌謡曲にも歌われるほど有名な寺で、元をたどると始まりは比叡山という天台宗の寺院である。皇族が住職を務める門跡寺院として栄え、境内には格式高い建物が揃う。いくつかの庭園も整備され、四季折々の自然を満喫することが出来る。一度といわず何度でも訪れたくなる風景だ。

知恩院

庭園が見事な知恩院

京都市の東山に広がる寺院、知恩院。見事な庭園が人気なので、是非カメラ持参で訪れよう。友禅苑は枯山水とこの地の湧水を利用して作られた庭園で、本物の池と枯山水のバランスが抜群。方丈と呼ばれる建物の目の前に作られた庭園は方丈庭園で、こちらも池のほとりに灯籠を配するなど心落ち着く庭園。秋の紅葉などは特に人気で、夜には紅葉がライトアップされて言葉にならない美しさ。地下鉄東西線の東山駅から徒歩約5分。

南禅寺

臨済宗の大本山

京都市街地の北西、禅林寺の南に位置する南禅寺。禅宗のひとつ臨済宗南禅寺派の大本山で、釈迦の教えを禅という形で教えている。南禅寺は美しい庭園で人気。大方丈の目の前に広がる方丈庭園は広い敷地に白砂を詰めた枯山水。松や石とのバランスが絶妙である。小方丈の前にある小方丈庭園も枯山水で、心を表現するために庭石を心の形に配置されているのでじっくり観察してみよう。地下鉄東西線の蹴上駅から徒歩約10分。

仁和寺

御室桜の仁和寺

京都市街地の北西、花園の北に存在する仁和寺。1,100年以上の歴史を誇る古刹で、吉田兼好の徒然草に登場する「仁和寺にある法師」で有名な寺である。仁和寺といえば御室桜が春の風物詩で、遅咲きの桜のため、他の種類の桜の後に楽しめるということで二度美味しいと人気だ。京福北野線の御室仁和寺駅から徒歩数分と好立地。

東本願寺

浄土真宗大谷派の本山

京都駅から歩いてすぐという都会のど真ん中に建っているのが東本願寺である。親鸞聖人が開いた浄土真宗大谷派の本山で、南無阿弥陀仏と一心に唱えることによって浄土への道が開けるという教えにより、全国に広まった。御本尊は念仏のとおり阿弥陀如来で、阿弥陀如来像が阿弥陀堂に安置されている。

西本願寺

東本願寺の西、西本願寺

東本願寺と同じく京都駅から徒歩圏内、東本願寺の西に建つ西本願寺。本来は本願寺という名前だが、東本願寺の西にあるので西本願寺と呼ばれる。建造物のほとんどが国宝や重要文化財に指定されているという歴史的価値の高い寺。本堂の阿弥陀堂には御本尊の阿弥陀如来像が安置され、御影堂には開祖の親鸞聖人像が安置されている。

平等院

10円玉の鳳凰堂

京都市の南、宇治市の宇治川沿いに建つ美しい寺、平等院。10円玉に描かれていることであまりにも有名な鳳凰堂は国宝に指定されている価値ある建物で、阿弥陀堂として阿弥陀如来像を安置している。池に浮かぶ鳳凰堂は極楽浄土の象徴として民衆から篤い信仰を集めている。

伏見稲荷大社

全国3万社の総本宮

京都市街地の南に位置する伏見稲荷大社。全国に3万前後存在するといわれる稲荷神社の総本宮で、おいなりさんの愛称で民衆に深く愛されている神社である。商売繁盛・五穀豊穣の神様として全国の商人や農家の方々が参拝に訪れるが、その他病気平癒や安産などにもご利益があるということで、様々な願い事を持った人々に崇拝されている。JR奈良線の稲荷駅から徒歩数分と好立地。

平安神宮

平安京遷都1100年を記念して建造

京都市街地の北東に位置する平安神宮は平安京遷都からちょうど1,100年経ったことを記念して建てられた、比較的新しい神社である。御祭神には平安京遷都を実行した桓武天皇と、平安京の最後を全うした孝明天皇を祀っている。大鳥居や拝殿は朱色に塗られて大変美しく、青空とのバランスも抜群。カメラのシャッターを押す指が止まらない。地下鉄東西線の東山駅から徒歩約10分。

龍安寺

石庭に秘められた謎

京都市街地の北西、妙心寺の塔頭のひとつに所属している龍安寺。龍安寺といえば石庭、石庭といえば龍安寺というぐらい枯山水の石庭が有名。是非じっくりと参拝したいところ。一見すると何の変哲もない石庭だが、いくつかの謎が秘められているという。まずは作者の謎。これだけ立派な庭を造りながら、作者が解明されていない。庭石に人の名前が刻まれているが、作者のヒントにはなっていないようだ。この庭が何を表現しているのかも謎。どうやら見る人に委ねられているようである。京福北野線龍安寺駅から徒歩約10分。

宇治上神社

小さくても世界文化遺産

京都府宇治市、宇治川を挟んで平等院の対岸にある神社、宇治上神社。境内にはほとんど本殿と拝殿しかない小さな神社だが、世界遺産に登録された歴史ある神社である。建物は神社としては国内最古のものであるとも言われており、歴史的価値が高い。京阪宇治線の宇治駅から徒歩約5分。

京都ゑびす神社

日本三大ゑびす

京都ゑびす神社は日本三大ゑびすに数えられる寺で、800年以上の歴史を刻む古刹である。都七福神のゑびす神を祀り、商売繁盛の神様として商人を中心に篤い信仰を集めている。京阪祇園四条駅から徒歩約5分。

苔寺

苔のじゅうたん

京都市街地の西に建つ苔寺。正式名称は西芳寺というが、境内全体を苔が覆っているため苔寺の愛称で親しまれている。苔はなんと120種類生えているそうで、まるで緑のじゅうたんのよう。本物の池と枯山水からなる2つの庭園も整備されている美しい自然あふれる寺である。阪急嵐山線の上桂駅から徒歩約20分。

醍醐寺

花の醍醐寺

京都市街地の南東に位置する醍醐寺。1,100年以上前に建てられた古刹で、一番人気の写真撮影スポットである五重塔は国宝に指定されている。花の醍醐寺と呼ばれるほどの桜の名所で、その昔には太閤秀吉もこの醍醐寺で花見をしたといわれている。地下鉄東西線の醍醐駅から徒歩約10分。

天龍寺

かつては嵐山も境内

京都を代表する景勝地、嵐山に建つ天龍寺。かつてはその嵐山や渡月橋も天龍寺の境内だったというスケールの大きさ。天龍寺船を使って中国との貿易をして資金を集め、天龍寺の造営をして規模を大きくしたという。境内の曹源池庭園は日本最初の史跡・特別名勝に指定された庭園で、西側に横たわる亀山を風景の一部として溶け込ませた美しいもの。特に紅葉の時季は素晴らしく、多くの観光客が訪れる人気スポットとなっている。京福嵐山本線の嵐山駅から徒歩約5分。

本能寺

信長伝説の地

京都市役所の真ん前という予想外の場所に建つ、本能寺。本能寺の変で織田信長が謀反によって急襲されたことであまりにも有名な寺である。当時の本能寺は現在のものよりもかなり大きく、高い塀に囲われていて安全に出来ていたようで、織田信長も安心して数度にわたり利用していたとされている。地下鉄東西線の京都市役所前駅下車してすぐ。

八坂神社

祇園祭の八坂神社

京都祇園のど真ん中に建つ歴史ある寺、八坂神社。7月に1か月間かけて行われる祇園祭があまりにも有名で、疫病を鎮めるために1,100年以上も前から行われている儀式だといわれている。神輿を担いだ行列が市内を練り歩く光景はまさに圧巻。機会があれば是非見学に訪れたいところだ。京阪本線の祇園四条駅から東に徒歩約10分。

DATA
住所京都市左京区永観堂町48
電話番号075-761-0007
バス停市バス南禅寺永観堂道
最寄り駅地下鉄東西線蹴上駅
駐車場あり(有料)
休日年中無休
拝観時間9:00~17:00
拝観料大人600円・高校生以下400円
トイレあり
公式サイトhttp://www.eikando.or.jp/
アクセス地下鉄東西線蹴上駅から徒歩約20分。
この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事