広島三段峡の紅葉2015/見頃と船から観る紅葉◎穴場スポットと温泉♨アクセス※追記あり

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  広島県     紅葉

広島三段峡の紅葉2015/見頃と船から観る紅葉◎穴場スポットと温泉♨アクセス※追記あり

三段峡とは

5つの滝と2つの淵で「七景」

広島県山県郡安芸太田町にある約16kmの峡谷、三段峡。国の特別名勝に指定された景観は同じく広島県の帝釈峡と人気を二分する渓谷美。名称の由来は太田川の支流となる柴木川にある落差30mの三段滝からくるもの。三段滝のほかにも二段滝や三ツ滝といった代表的な滝が5つ、2つの淵を合わせて七景とも称される。

散策から本格トレッキングまで

三段峡が名勝に指定された際、気軽な装備で散策することができるようにと遊歩道が整備され、豊かな自然の中をゆったりとした気分で歩くことができる。柴木川をさらに上流に向かうと道が整備されていないエリア、俗にいう「奥三段峡」が待ち構える。こちらはトレッキングなど本格的な装備がなければ入ることができず、秘境の中の秘境とも言える場所。

秋が人気

森林浴や新緑を楽しむために訪れる人が多い三段峡だが、最も人気があり美しいと定評なのが紅葉の季節。巨大な岩や滝、急流の連続と見事なまでに色づく紅葉。誰の手も入らない自然がこれほどまでに美しいとは!神秘的な景色が続く三段峡を一生に一度は見ておきたい。

紅葉の見頃、ピーク

手つかずの自然が魅せる紅葉

三段峡の紅葉は三段滝や二段滝といった奥の部分と、入り口付近では見ごろを迎える時期に10日前後のズレがある。上流部分は10月下旬ごろに見ごろを迎え11月上旬ごろまで楽しめるが、入り口付近は11月上旬から中旬にかけての時期がピークとなり、景観が異なるため見どころも違ってくる。できれば両方の紅葉を見比べてみたい。

もみじまつりに合わせて行こう

紅葉シーズンの到来と同時に行われるのが「三段峡もみじまつり」。伝統芸能はもちろん神楽の披露はなかなか見られないイベントのひとつ。楽しみとして親子で行う宝探しや福餅まきなど一層賑やかになるイベントも目白押し。家族みんなで楽しめる要素が盛りだくさんのもみじまつりに、ぜひ参加してみよう。

大人も子どもの大喜びの宝探し

もみじまつりで人気のイベント、宝探しはメイン会場から2分ほど歩いた場所で開催され、河原に隠しているお宝を探し当てるというイベント。宝札に書かれた豪華賞品目当てに、毎年多くの人が童心に返ってお宝探しに精を出す。子どもたちの冒険心をくすぐるイベントに、家族そろって参加してみよう。

三段峡アクセス

未来に残したい日本の絶景

三段峡は広島市内からドライブで訪れるには程よい距離がある。紅葉シーズンに合わせて訪れそのまま車を降りて散策することも可能。美味しい空気とエメラルドグリーンの清流に癒されて、さらに紅葉に心を奪われる。ここを秘境と呼ばずになんと呼ぶ?そんな気分になれるもの三段峡の魅力と言えるだろう。マイナスイオンをたっぷり浴びて、元気になって帰りたい。

ホタルがたくさん見られる清流

秋の紅葉にばかり注目されがちな三段峡だが、夏の夜にはホタルを見ることができる。なかなか見ることができなくなったホタルが、これほど多く見ることができるなんて!と思えるほど感動の光景が目の前に広がる。是非未来に残したい宝と言える。

車でアクセス

〒731-3813 山県郡安芸太田町 大字柴木 三段峡正面口

中国自動車道戸河内ICから三段峡正面口まで約10分

広島バスセンターから高速バスで約1時間15分

追記:2015年11月10日(火)更新

ヒロシマの紅葉スポット第2位とドコかの観光マップで見たことがあります。現在、紅葉のピークが楽しめます♡三段滝や周辺も今が真っ盛り♬今年は暖冬になる。とニュースで報道されるものの、渓谷はシャレにならないほど寒いです。紅葉シーズンにお越しの方は必ず防寒対策とマスクを準備しておくのをオススメします♬急げ急げ〜〜〜◎

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事