乗鞍スカイライン紅葉2015/見ごろの畳平とバスツアー♬秋の天気に要注意☆※アクセス

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  岐阜県     紅葉

乗鞍スカイライン紅葉2015/見ごろの畳平とバスツアー♬秋の天気に要注意☆※アクセス

乗鞍スカイラインの紅葉

自転車での往来も可能に

雲を眼下に眺めながら走る山岳観光道路、乗鞍スカイラインは標高が最高の場所で2,710m。かつては有料道路であったが、現在は無料で走行できる。2003年より自転車の走行も可能となり、マウンテンサイクリングで有名な場所にもなった。自然景観の美しい道路でも有名。

珍しい高山植物を見つけてみよう

乗鞍スカイラインの周辺は高山植物の宝庫としても知られ、普段見ることのできない珍しい草花がある。ほぼ日本一の高さを走る道路であるためマイカーの排気ガスによる環境破壊が深刻化したときもあった。現在はバスやタクシーなど一般車両以外の走行のみの規制が引かれ、一般車両の乗り入れは不可能となっている。

岐阜県屈指の紅葉スポット

高山植物も美しいが、乗鞍スカイラインは紅葉の名所でもある。ナナカマドやカエデといった樹木が赤や黄色に色づき、コケモモなどが日の光を浴びて赤くなるなど珍しい紅葉も見ることができる。樹木の紅葉だけでなく赤ピンクの紅葉が見られるのは乗鞍スカイライン最大の魅力と言えるだろう。標高によって異なる紅葉の変化も面白い。

紅葉の見頃、ピーク

標高差のために長い期間紅葉が楽しめる

乗鞍スカイラインで見ることのできる紅葉は、最も早いところで9月下旬ごろ、標高が高い部分から紅葉がスタートし、徐々に麓に向かって紅葉が広がっていく光景はなんとも言えない美しさ。場所を変えれば他の名所よりも長い期間紅葉を楽しむことも可能。何度も行くことができないという人であれば10月上旬ごろなら美しい紅葉を見ることができるだろう。

紅葉を見に出かけよう

紅葉する樹木の種類は、モミジやナナカマド、カエデはダケカンバなど。赤や黄色の紅葉ばかりではなく、1年中葉の色を変えることのない針葉樹もあるため3色の紅葉を見ることも可能。加えて赤ピンクのコケモモが紅葉する光景を見ることができれば言うことナシ!素晴らしい紅葉を見るためのバス旅へ出かけよう。

手つかずの自然を満喫しよう

標高1,684mの平湯峠の少し下にはガイド付きのトレッキングが楽しめる。五色ヶ原は約3,000haという広大な森林地帯。手つかずの自然が残る原生林で、野生動物や野鳥などに出会えることも。清流や滝を見てマイナスイオンをたっぷりと浴び、心も体も癒されて帰りたい。

紅葉スポットアクセス

観光バスの旅を楽しもう

乗鞍スカイラインは全線で交通規制されており自家用車の通行は禁止されている。そのため紅葉を見るためには観光バスやタクシーの利用をするか、自転車にのっていくことが求められる。また冬季は雪にとざれる期間が長く、10月末〜5月中旬までは冬季通行止めが実施されている。

みんな揃ってでかけてみよう

乗鞍スカイラインの山頂駐車場からは気象条件がよければ雲海が広がるなど絶景スポット。紅葉とセットで訪れれば感動すること間違いなし。是非みんな揃って出かけよう。

車でアクセス

マイカーでの通行は不可能。岐阜県側から車で訪れるなら、ほおのき平駐車場(無料)で乗鞍線に乗り換え。

[開通期間]・5月15日から10月31日。

※風雨、降雪、濃霧等で安全確保のため通行止めになる。

※夜間及び、11月から翌年5月14日は道路閉鎖。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事