立山・黒部ダムの紅葉情報2015/見ごろの時期は観光デート♡※アクセス

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  富山県     紅葉

立山・黒部ダムの紅葉情報2015/見ごろの時期は観光デート♡※アクセス

立山・黒部ダムの見どころ

富山県を代表する山、立山へ行こう

富山県のシンボル、立山。飛騨山脈の北部にある立山連峰にある山で、最も高いところで雄山の3,003m。日本では数少ない氷河が存在する山で、登山家の憧れの山でもある。立山と言えばアーチ型コンクリート製のダム、黒部ダムを思い浮かべるという人も多い。

難工事で有名な黒部ダム

立山の標高1,470m付近に位置する黒部ダムはダムの高さで言うと186mあり、完成した1963年以来日本一の高さを誇るダムとしても知られている。大変な難工事であったことから映画やドラマ、ドキュメンタリーなどでも取り上げられるなど、富山県を代表する巨大建造物として知名度が高い。ダムを建設する構想は実は1900年代初頭よりあったが、相次ぐ世界大戦の影響で、実際に工事が開始されたのは1956年のことになる。

人工物と自然のコラボ

黒部ダム周辺のエリアはもともと自然が豊かで現在においてもその名残は十分残されている。四季折々の景観と巨大な人工物のコラボレーションが評判となり、また作られる段階で起きた数々の事故の悲劇なども相まって、観光スポットとしての意味合いが大きい。

紅葉の穴場スポット

目の前に広がる大パノラマ

黒部ダム周辺地域は、自然環境が豊かということや四季を通じて見どころが多いことから、秋の紅葉の時期になると多くの観光客が美しい自然をひと目見ようと集まってくる。ダム駅お屋上にある展望台から眺める紅葉は絶景!富山県が自信をもって全国に広めたいと思うも納得の景色と言える。雄大な立山連峰のパノラマを自分の目で見ておきたい。

とにかくスケールが大きい

黒部ダム周辺の紅葉の見ごろは10月中旬から下旬にかけて。10月上旬ごろから徐々に山が色づき始めると、評判を聞きつけた多くの人たちがどこからともなく集まってくる。ナナカマドやミネカエデ、ダケカンバなどの樹木が赤や黄色に色づくと、山全体が燃えるような美しさに変貌を遂げる。スケールの大きさで言えば、日本でも屈指と言えるだろう。

ダイナミックな放水

紅葉の時期の黒部ダム最大の見どころは、えん堤からのダイナミックな放水だろう。ダムの上を歩くことができるため、ダムの高さはもちろん、放水のダイナミックさや迫力、そして紅葉といくつもの魅力を一度に味わえる。一度感じてしまうと再度見に行きたくなる。それが秋の黒部ダムを訪れる最大の魅力と言えるだろう。

紅葉スポットへのアクセス

220段の階段を上り切ると

黒部ダム付近の紅葉おすすめのスポットと言えば黒部ダム駅から220段の階段を上り切ったところにある展望台休憩所からの眺めだろう。立山連峰はもちろん北アルプスの雄大な景色が目の前に広がり、紅葉がプラスされることで魅力は倍増する。

人があんなに小さく見える!

もちろん展望台からは巨大なダムの全貌を眺めることも可能。えん堤からの眺めも迫力があるが、展望台からえん堤を見下ろすと、人の姿が小さく見える。黄金色に染まる紅葉も一緒に目に入ってくるため展望台にはぜひ行ってほしいスポットと言える。

電車、車アクセス

立山駅からケーブルカー約8分「美女平駅」、美女平駅→バスで約50分

北陸道立山ICから約40分で富山地方鉄道立山駅、これより先マイカー通行不可→ケーブルカー

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事