万博記念公園の桜2016/見頃と開花情報♬緑に包まれた大阪の楽園※アクセス

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  大阪府     

万博記念公園の桜2016/見頃と開花情報♬緑に包まれた大阪の楽園※アクセス

広大な敷地を誇る

万博記念公園

1970年に開催された日本万博博覧会の成功を記念し、跡地に「緑に包まれた文化公園」として、日本庭園や自然文化園さらに、文化・スポーツ・レジャー・宿泊施設群が整備された。総面積約260haの公園。「自然文化園」には岡本太郎氏による博覧会のシンボル「太陽の塔」を中心に自然豊かな日本の里山を感じさせる風景がある。

日本庭園

1970年に万博開催時に造園技術の粋を集大成して作られた「昭和の名庭園」。庭園の広さは約260,000平方メートルで、東西に細長く庭園の西端の源泉から東に流れる水の流れをテーマとして設計された。それぞれの時代様式の庭園が並ぶ構成となっており美しい景観を楽しむことができるのが特徴。

万博記念公園と桜

万博記念公園は桜の名所としても知られていて「日本さくらの名所100選」にも選定されている。種類はソメイヨシノ・ヤマザクラ・サトザクラ・シダレザクラなど9種類約5,500本が植えられている。

万博博物館近くの施設

国立民族博物館

1977年に万博公園内の一角に開館した文化人類学・民俗学に関する研究所と、その成果を収集・公開する博物館機能を併せ持つ国立民族学博物館。約280,000点にも及ぶ収蔵品から、さまざまな民族の生活文化を展示・紹介している。

くるくるプラザ

1992年にオープンした、市民のリサイクル活動推進拠点「くるくるプラザ」は、衣類のリフォームやガラス製品、木工製品の作り方などを指導員がアドバイスし、リサイクル活動を体験できる「市民工房」、ゴミや環境問題について市民研究員が暮らしの中から調査研究を行い、その結果をゴミの減量やリサイクル、啓発に活かす「研究所」、不要になったものを自由に持ってきたり、持ち帰ったりする場所「あげます・もらいますコーナー」などがある。

周辺グルメ

自家製酵母パン

ハード系から、菓子パン系など酵母はすべて自家製の天然酵母で作られている。オーガニックシナモンを使ったベタベタしないシナモンロールは一番人気。

花菜阪急山田店

本店は和泉の山あいにあるベーカリーカフェ。店で焼いたパンやスープ、焙煎したオーガニックコーヒーなどは絶品。パンはテイクアウトも可能で、遠方からわざわざ買い求める人もいるほど。和歌山県や泉州産の野菜を使ったランチは、「スープセット」や「犬鳴ポークのハンバーグセット」などが人気となっている。

フリアンディーズ

「モンブラン」などの生ケーキや北海道バターや地元の新鮮卵を使用した自然派焼き菓子などが並ぶパティスリー。カフェスペースを増設してパンケーキも楽しめるようになる。「ふわぁふわぁベリーベリーパンケーキ」はパティスリーの技術を活かしたふわふわの生地に、3種のベリーが贅沢にトッピングされている。

アクセス

住所、駐車場
住所大阪府吹田市千里万博公園
電話番号06-6877-7387
最寄り駅万博記念公園駅
駐車場あり 4300台 1200/1回
休日水曜日
営業時間9:30~17:00
料金大人250円 子供70円
トイレあり
公式サイトhttp://www.expo70.or.jp/
アクセス大阪モノレール万博記念公園駅から徒歩約5分

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事