なばなの里イルミネーション2015-2016/ツアー写真満載♬点灯時間、アクセス

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  三重県     夜景

なばなの里イルミネーション2015-2016/ツアー写真満載♬点灯時間、アクセス

なばなの里ウィンターイルミネーションとは

施設概要

「なばなの里」は三重県の桑名市長島町にある花をテーマにした施設。13,000坪の広大なお花畑には早春より梅、桜、チューリップ、夏にはひまわり、秋にはコスモスなど一年を通して美しい花が咲き誇る。園内にはビール園などを始め8店舗のレストランがあり、売店では特産品やお土産を購入することも可能。温泉や海水プール、遊園地などもあって子どもから大人まで楽しむことができる。隣接して「花市場」があり季節の花や地元でとれた新鮮な野菜などを購入することができるのも嬉しい。なばなの里は四季折々の花々を楽しむことのできる花のテーマパークとして有名とされる。通常こういった花のテーマパークは花の咲く季節が限定されてしまうため年間を通して花が楽しめるということは難しいが、「なばなの里」ではそれぞれの季節に見ごろを迎える花が年間を通して楽しめる珍しいスポット。

2015年10月24日開幕♬

ウィンターイルミネーションは11回目にもなる冬の風物詩。2015年は「アルプスの少女ハイジ」がテーマだという。スイス、アルプス山脈と芸人イモトも登頂した名峰マッターホルンがどんなイルミネーションで表現されているのか?国内最大級のスケールのイルミネーションの祭典は、豊かな美しい自然の景観を題材としてLEDなどの最新技術を活用し壮大で華麗な場面をイルミネーションで表現。雄大で優美なシーンを見れば感動し心に残る思い出となることだろう。2015年は10月24日から開幕♬3月下旬頃までと比較的長い期間楽しめるのが特長。休日の夕方からは混雑が予想されるため少し早めに訪れたい。点灯時間は平日17時25分から21時、週末は22時まで。

水上イルミネーション

ウィンターイルミネーションのシンボルは「水上イルミネーション」。幅が5m、長さが120mの光の川が流れる。光の川はこの地区を流れる木曽川、揖斐川、長良川をイメージしたもので音楽に合わせて様々な色に変化していく。鮮やかな光の川はLEDを使用したもので640億色もの色を表現することが可能。2005年には日本でも珍しい水上イルミネーションの展示が行われ話題を呼んだ。チャペルを映しだす幻想的な光とともに、水に映しだされる長さ120メートル、幅5メートルの光の川が作りだされた。光の川は色の演出が640憶通りも作りだせるということで、美しさはもちろん規模の大きさにも驚かされる。

夢の様な光のトンネル

「光のトンネル」は人気のスポットで、200mの長さの「暖かな光」と100mの煌めく「お花畑」がある。暖かな光は名前のように白熱球を利用した「暖かな光」。冬の寒さの中でホット一息つける暖かな雰囲気が落ち着ける。「お花畑」は菜の花をイメージした色鮮やかな黄色とレンゲをイメージしたかわいいピンクの色が交互に変化。明るく可愛いトンネルが続きそのスケールの大きさに圧倒されることだろう。LED電球からスタートし、年々その規模を拡大させて、2014年には850万球までその数を増やしたとされる。電球をランダムに配置するわけではなく、年々テーマを変えることで話題も多くバリエーション豊富なイルミネーションがある。特に光のトンネルはなばなの里を一躍有名にしたイルミネーションスポットにもなっており、200mある光のトンネルの内部を歩くのは圧巻。

光の雲海

カップルに人気なのが「光の雲海」、足元には雲海を思わす一面にブルーのLED。その中に小道がありクリスタルホワイトに輝くアーチに向かって歩いて行く。アーチの先にはチャペルがありチャペルに向かって歩くと幸せになれるというロマンティックな話も。

なばなの里見どころ

アイランド富士

「アイランド富士」は高さ45mに登る展望台。最長部に到達すると一回転し、360度広がる眺望を楽しむことができる。眼下に「なばなの里」のイルミネーションが輝き遠くに目をやればビルの灯が輝く名古屋市内の夜景まで楽しむことも可能。

小高い丘にある展望台

小高い丘の上には展望台があって、2階からは「光のトンネル」などのスケールの大きなイルミネーションを見ることができる。寒くなったら1階のフードコーナーへ行けば冷えた体を温めてくれる料理を味わえる♬

花の競演

「なばなの里」の売りものは花。春から秋にかけてチューリップやダリヤコスモスなど季節ごとに美しい花が咲き誇る。枝垂れ梅が美しく咲く梅園やベゴニア園、あじさい・花菖蒲園・バラ園などもあって一年中訪れる人を楽しませてくれる。

なばなの里アクセス

電車でアクセス

JR長島駅および近鉄長島駅で下車。桑名市コミュニティバスの「K―バス」長島ルートに乗り「なばなの里」前停留所で下車。JRおよびの桑名駅の場合には三重交通バスで10分~20分。名古屋の名鉄バスセンターより名鉄バス、三重交通の高速バスを利用すれば30分ほどで到着。

周辺スポット

周辺の観光スポットとしては車で15分ほどのところにナガシマスパーランドが。温泉やアトラクション、海水のジャンボプールなどを利用することができる。他には御在所岳ロープウェーへは20分程、鈴鹿サーキットへは15分ほどの距離。

グルメスポット

なばなの里で楽しむことができるのは花の鑑賞はイルミネーションだけではない。園内には8店舗のレストランが併設されており、地ビール園はベーカリーレストラン、そのほか和洋折衷さまざまなグルメが楽しめるのも魅力のひとつ。さらに売店では特産品や地ビールをはじめとしたお土産品もある。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事