指宿温泉/人気の砂風呂で日帰りデート♨旅館で楽しむ地酒と海鮮料理♡口コミ、アクセス情報

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  鹿児島県     温泉

指宿温泉/人気の砂風呂で日帰りデート♨旅館で楽しむ地酒と海鮮料理♡口コミ、アクセス情報

指宿温泉とは

指宿温泉の歴史

海岸で人が顔だけ出して砂浜に埋まっている光景をテレビなどで観たことはないだろうかか。鹿児島県指宿市の指宿温泉は砂に埋まるタイプの砂むし風呂。歴史は江戸時代にまで遡り、通常は地中深く掘削しないと温泉は出ないが少し掘るだけで容易に温泉にありつけるという環境が開発の進んだ要因。

砂むし風呂のメカニズム

熱い砂は一体どのような仕組みなのだろう。大昔に形成された地下水が源泉でお湯が海へ向かって流れ出る。ちょうど砂浜の浅い場所を通るため温泉の成分を持った砂が出来上がるという仕組み。源泉は90℃以上と高温で砂浜の砂を10cmほど掘った場所でも60℃ぐらい。入浴するには熱すぎる温度だが砂むし風呂にするには適した温度。日本中探しても恵まれた環境はなかなかない。

手順は…着替えて寝転がるだけ!

日帰り入浴も可能

指宿温泉には日帰り入浴可能な施設もあり気軽に立ち寄って砂むし風呂を楽しむことができる。JR枕崎線の指宿駅からほど近い「砂むし会館砂楽」では天気の悪い日などでも全天候型の砂むし場で温泉に入れるため荒れた天候でも楽しめる。初めてでもやり方が丁寧に書かれてあるため安心して楽しむことができる。まずは衣服を全て脱ぎ備え付けの浴衣に着替えよう。外の砂むしの現場に歩いて行くと、スコップを持った人が待ち受けており指示に従って砂に入ってみよう。指示と言っても横たわるだけ。あとは上手に埋めてくれるのを待つだけ。

じわじわとくる砂むし温泉

砂に埋められ顔だけ出した格好になれば入浴開始。最初は気持ちのいい適度な温度に感じるが、数分するとじわじわと暑くなってくる。全身から汗が噴き出すようになればそろそろ出る時間。長い時間入ると逆効果だと言われている。およそ10~15分ぐらいがちょうどよい。砂むし温泉は体中の血液の循環を促進し、通常の温泉の3倍ぐらいの効果があるといわれている。終わったら通常のお風呂の前で浴衣脱ぎ捨てお風呂で砂を落とそう。海の香りがさらに雰囲気を盛り上げる。

鹿児島は南国ムードでいっぱい

指宿温泉人気スポット!

指宿温泉の近辺は見どころ満載。いろいろ探して散策してみたいところ。薩摩富士と呼ばれる開聞岳は押さえておきたいスポット。海の上にぽっかりと浮かんでいるかのような開聞岳は指宿市の各所で見られる絶景で日帰り登山も可能な山。鉄道好きの方にはJR枕崎線に乗ってJR最南端の西大山駅に降りてみたい。幻の怪獣イッシーで有名な池田湖も近くにあるがイッシーは滅多に姿を見せてくれない。指宿市内はどこも南国ムードでいっぱい。「アロハ宣言」という市長の宣言どおり、暖かい季節であれば、アロハ・ムームーで出迎えてくれる。

指宿温泉アクセス

飛行機で訪れる場合は鹿児島空港からJR指宿駅行きのバスで約1時間40分の道のり。鉄道の場合は九州新幹線鹿児島中央駅で乗り換え、特急または快速列車でJR枕崎線の指宿駅下車。鹿児島中央駅からは約1時間の電車旅を楽しめる。自家用車の場合は九州道の鹿児島インターチェンジから指宿スカイラインに乗り、谷山インターチェンジで降りて国道226号線を走る。天然砂むし温泉は駅から1km程度の距離となっており海岸沿いを歩いて行くのも気持ちがいい。

DATA
住所鹿児島県指宿市湯の浜5-25-18
電話番号0993-23-3900
バス停のったりおりたりバス砂むし会館前
最寄り駅JR枕崎線指宿駅
駐車場あり
休日年中無休
営業時間8:30~20:30
料金大人920円小人510円
トイレあり
公式サイトhttp://www11.ocn.ne.jp/~saraku/saraku00.htm
アクセス鹿児島空港から指宿駅行きのバス、九州新幹線鹿児島中央駅からJR枕崎線特急・快速で指宿駅下車、自家用車は九州道・指宿スカイライン経由で国道226号線。
この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事