地獄温泉/熊本めぐりは地獄まで!?日帰り温泉と阿蘇の見どころ、地獄鍋を満喫♨アクセス情報

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  熊本県     温泉

地獄温泉/熊本めぐりは地獄まで!?日帰り温泉と阿蘇の見どころ、地獄鍋を満喫♨アクセス情報

地獄温泉とは

地獄の一軒宿!?

熊本県は阿蘇山の南、烏帽子岳という山の中に地獄温泉はある。地獄とは恐ろしい名前の温泉だがこの辺り一帯、火山ガスによって植物の生えていない地域が広がっているため地獄と呼ばれている。200年以上も前から湯治場として利用されていたが、当時は熊本藩の藩士にのみ入湯が許されていたようで、藩士でさえ容易には温泉に入ることができず、「帯刀すること・申請書を出すこと」といった厳しい掟があったとされる。

地獄温泉の泉質

地獄温泉のお湯は「地獄らしい」強烈な硫黄臭が特徴。酸性で肌に刺激があり皮膚病などに効果があると言われている。お湯は温泉地の裏山の地獄から引水しているが温泉地に直接湧出しているお湯もありさまざまなお湯が楽しめる。すぐ近くに垂玉温泉もあるが源泉が違うようで湯めぐりしてみるのも面白い。

いろいろなお風呂を堪能しましょう

清風荘では5種類のお風呂が楽しめる

地獄温泉の一軒宿「清風荘」。100年前の趣を今に残し当時の雰囲気をなるべく壊さないよう維持管理もなるべく手をかけていない。混浴風呂・露天風呂など5種類のお風呂があり、源泉の異なるお風呂もあっていろいろなお湯が楽しめる。健康にも良く長期間に渡って湯治する人々も多いのが特徴。

地獄温泉の顔「すずめの湯」

地獄温泉のシンボルといえば「すずめの湯」。混浴の露天風呂で他のお風呂が裏山の地獄からお湯を引いているのに対し「すずめの湯」では足元からお湯が湧出している。温泉は鮮度が命。こんなに新鮮なお湯を楽しめる温泉は他にはないだろう。露天風呂は熱めの湯・ぬるめの湯があって同じ源泉を用いた内湯も楽しめる。混浴風呂に抵抗のある人は内湯を楽しもう。

地獄を制覇しよう♬

すずめの湯の他にも楽しいお風呂が盛りだくさん。体や髪を洗いたい人は元湯へ行けばシャワーで洗い流すことが可能。景色を堪能したければ男女別の露天風呂へ。地獄といえど、桜や紅葉など四季折々の自然を楽しめるのが魅力。美肌効果のあるお湯をお求めの女性には新湯もオススメ。化粧水などに使用されるメタケイ酸を豊富に含んでおりお肌がつるつるに。家族風呂もあるため貸切で楽しめる。

力を入れた料理の数々

地獄名物「地獄鍋」

「清風荘」では山の中らしく山の幸中心の料理が嬉しい。名物は「地獄鍋」。阿蘇の山々をイメージした鉄板で猪肉や鹿肉などを味わうことができる。ダシ汁の味噌もこの近辺の地獄で作られており様々な地のものが堪能できる。多彩なディナーコースが用意されており選ぶ時間も楽しい。

地獄温泉アクセス

飛行機でお越しの場合は熊本空港から車で県道・国道経由で約40分。鉄道の場合は九州新幹線熊本駅から豊肥本線に乗り換え、立野駅から清風荘まで送迎バスを利用したい。車の場合は九州自動車道の熊本インターチェンジから国道57号線で約40分。比較的簡単に行くことができる「地獄」だと言える。

DATA
住所熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2327
電話番号0967-67-0005
最寄り駅JR豊肥本線立野駅
駐車場あり
休日年中無休
トイレあり
公式サイトhttp://jigoku-onsen.co.jp/
アクセス熊本空港から車で約40分。鉄道は九州新幹線熊本駅からJR豊肥本線に乗り換え、立野駅から送迎バスあり。車は九州道熊本インターチェンジから国道57号線で約40分。
この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事