道後温泉/旅館が見どころ観光地♨グルメ、日帰り温泉も口コミで人気★アクセス情報

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  愛媛県     温泉

道後温泉/旅館が見どころ観光地♨グルメ、日帰り温泉も口コミで人気★アクセス情報

道後温泉とは…日本最古級

道後温泉の歴史

愛媛県は松山市の一角に存在する道後温泉。神話の時代からの言い伝えも残っているほどの古い歴史を持つ。日本三古湯として有名で万葉集や日本書紀にもその名が登場するなど悠久の重みを感じずにはいられない。源泉は50℃前後とややぬるめ、長くゆっくり入るのに適している。泉質がアルカリ性ですので傷の治療や美容にはもってこい。昔からこのお湯が重宝されていた理由がわかるような気がする。

坊ちゃんとハイカラさん

路面電車の終点駅「道後温泉駅」から伸びる道後商店街の途中と突き当りに公共浴場が存在する。商店街の名称は「ハイカラ通り」。運が良ければ坊ちゃんとハイカラさんが写真撮影に応じてくれる。商店街にはお土産屋さんなどがひしめき合っておりお風呂の帰りに散策してみるのも楽しい。

千と千尋の道後温泉本館

荘厳な建物に圧倒されて

映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなったことでお馴染みなのが「道後温泉本館」。商店街を抜けるとすぐ目に入ってくるが、荘厳さには圧倒される。100年以上前に建てられ、現在は重要文化財に指定されている。

神聖な名前のお風呂を堪能しよう

中にはお風呂がいくつかあり神の湯・霊の湯など神聖な名称がつけられている。中は古いというよりモダン。露天風呂やきらびやかな装飾などは必要ない。肌にまとわりついてくるしっとりとしたお湯だけで十分満足できる。

道後温泉見どころ♬

坊ちゃん列車はやっぱり「お坊ちゃん」!?

道後温泉本館から商店街を抜けた反対側に路面電車の道後温泉駅が。1~2時間に1本ぐらいの割合で「坊ちゃん列車」という昔ながらの車両がやってくるため鉄道ファンにはたまらない。時刻表を頼りに乗ってみたい。名前の由来は夏目漱石の小説「坊ちゃん」。主人公がこの列車を利用したことからこの名がついたのだとか。昔のSL機関車風のいでたちは風情あり。坊ちゃん列車の最大の見せ場は終点での転回!転車台に乗せた列車を駅員が人力で「えいっ!」と回す光景が面白い。手のかかる坊ちゃんだがなんとも可愛らしい。

松山城にも路面電車で

大街道駅で路面電車を降りて数百m歩くと松山城へ行く細道がある。市内の駅前の割には急勾配な山の上にあり上るのに一苦労。自信の無い人にはロープウェーでラクラク。松山城は全国でも有数の現存天守のある城。日本百名城にも選ばれている美しい城。

道後温泉アクセス

道後温泉のある松山市へのアクセスは、新幹線で岡山駅、特急に乗り換えて松山駅へ。松山駅から道後温泉までは路面電車の道後温泉行きで約30分。頻繁に走っているので乗り遅れても大丈夫。時間が合えば坊ちゃん列車に乗って優雅に行きたいところだが、専用の切符が必要なのでご注意を。飛行機利用の場合は松山空港からリムジンバスが出ており道後温泉まで約40分。自家用車の場合は瀬戸大橋を渡り高松道・松山道経由で松山インターチェンジを目指そう。名物のみかんやタルトが美味しいので帰りにお土産屋に寄ることをお忘れなく!

DATA
住所愛媛県松山市道後湯之町5-6
電話番号089-921-5141
最寄り駅伊予鉄道道後温泉駅
休日年中無休
営業時間6:00~22:00
料金大人400円小人150円
トイレあり
公式サイトhttp://www.dogo.or.jp/pc/about/
アクセス新幹線岡山駅から特急で松山駅、伊予鉄道で道後温泉駅下車徒歩3分。自家用車は瀬戸大橋を渡って高松道・松山道経由松山インターチェンジ。
この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事