伊香保温泉/群馬観光スポット、名物うどん♬カウントダウン花火2015※アクセス情報

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  群馬県     温泉

伊香保温泉/群馬観光スポット、名物うどん♬カウントダウン花火2015※アクセス情報

伊香保温泉とは

伊香保温泉の歴史

伊香保温泉は群馬県でも草津温泉と並ぶ歴史の古い温泉地。万葉集にまでその名が記されるほど歴史は古い。お湯は元々無色透明だが鉄分が多く含まれているため空気に触れると茶色が増し黄金色に輝くという特徴が。伊香保温泉に入ると子宝に恵まれるという言い伝えもあり昔から女性に大人気。前橋市や高崎市など群馬県の主要都市から近いこと、東京方面からの交通の便も良いため年間を通して多くの観光客が訪れる温泉。

2種類の異なるお湯を堪能したい

鉄分豊富な茶褐色のお湯は伊香保温泉のトレードマーク。近年になって無色透明なお湯が湧き出ること判明する。褐色のお湯を「黄金の湯」、無色透明のお湯を「白銀の湯」と名付け、多くの旅館で両方のお湯を楽しむことができるようになっている。同じ温泉地から色の違うお湯が湧出されると思うと不思議な感じさえする。

伊香保のシンボル・石段を上れ!

延々と続く試練の石段

温泉街のど真ん中に長い石段が延々と続いており段数はなんと365段!1年通しての繁栄を願って設置された段数だと言われている。石段を挟んでお土産屋や饅頭屋、旅館などがひしめき合っており、お湯が流れているところを見ることのできる場所もあり、訪れる人を飽きさせない。

汗を流しに石段の湯へ

石段を上って汗をかいたら石段のすぐ脇にある「石段の湯」がオススメ。石段の湯は誰でも気軽に立ち寄れる公共浴場で値段も安価。男女別でゆったりとした気分で温泉を楽しめる。お湯は茶褐色のいわゆる黄金の湯。伊香保温泉に来たら茶色のお湯で鉄分を補給したいものだ。休日の夕方などは混雑が予想されるため時間をずらしたで入浴するといいだろう。入浴料は400円を安価なのも魅力★

温泉饅頭発祥の地!

茶色=伊香保色

石段の脇では温泉地には必須のアイテム・温泉饅頭が販売されている。温泉饅頭は伊香保温泉が発祥の地と言われており伊香保温泉から全国に伝播したと言われている。「温泉饅頭が茶色なのは、伊香保温泉のお湯が茶色いから」というのも納得できる

水沢うどんもオススメ♡

伊香保温泉街から数kmの場所にある水沢地域にある水沢うどんも堪能しておきたいところ。水沢うどんはコシの強い麺が特長で冷たいざるうどんが人気。ほとんどの店が夕方までに閉店してしまうため、早めの時間帯に訪れておきたい。

伊香保温泉アクセス

公共交通機関で伊香保温泉へ行く場合、JR上越線の渋川駅から関越交通バス伊香保温泉行きに乗るのが便利。駅から伊香保温泉まで約30分となっている。東京からのアクセスであれば新宿駅から高速バスもオススメ。伊香保温泉まで約2時間半とあっという間に到着する。自家用車の場合は関越自動車道の渋川伊香保インターチェンジから約20分。季節によっては榛名湖まで足を伸ばすのもオススメ。

DATA
住所 群馬県渋川市伊香保町伊香保36
電話番号 0279-72-4526
バス停 関越交通バス伊香保温泉
最寄り駅 JR上越線渋川駅
駐車場多数あり(無料)
休日第2・第4火曜日
営業時間 4月~10月9時~21時、11月~3月9時~20:30
料金 大人410円小人200円障害者100円
トイレあり
公式サイト http://www.city.shibukawa.lg.jp/kankou/onsen/ishidannoyu.html
アクセス
この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事