日本の動物信仰/ゆるキャラのルーツは神様だった!?

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  全国     日本の文化

日本の動物信仰/ゆるキャラのルーツは神様だった!?

日本人のゆるキャラ好きのルーツ!?

身の回りの全てに神様がいる

古代の日本人は森羅万象、自然界のあらゆるものの中に神様がいるとして、山や海、身近な自然も信仰の対象としました。それは動物にもあてはまり、長い歴史の移り変わりの中でも、常に畏敬の対象でした。

神様の使い「鹿」      

神聖な動物の一つといわれる鹿。

よく知られたエピソードとしては、奈良の鹿があります。奈良の著名な寺社の一つである春日大社は、平城京が遷都されたときに藤原氏の祭神をまつるために創建されたが、祭神の一人、鹿島神宮の武甕槌命(たけみかづちのみこと)が白鹿に乗って来たことから、鹿を神聖な動物として大切にしました。鹿の骨を使って、その年の作物の出来を占う神事が各地に伝わったり、鹿が温泉を教えたという言い伝えもある。鹿は日本人にとって、よい知らせをもたらすラッキーアニマルというわけです。

春日大社へのアクセス

奈良県奈良市春日野町160/JR大和路線あるいは近鉄奈良線・奈良駅からバス

大切な害獣駆除の動物神

農業の神様・稲荷神社の狐

さまざまな神様が存在する日本では、神社の種類も多彩です。多い順に八幡信仰、伊勢信仰、天神信仰がありますが、4番目が狐を神様とする稲荷信仰です。そのおおもとは京都の「伏見稲荷大社」。豪族・秦氏の氏神様を祀った神社です。そこから全国の稲荷神社に分かれて行きました。稲荷神社の境内には、必ず赤い鳥居と白い狐の像があります。狐をありがたがったのは、作物の大敵であるネズミを捕まえてくれるから。そこから狐を祀った稲荷神社が五穀豊穣(たくさんの農作物が収穫できること)を願う神社になったのです。稲荷神社の狐は「お稲荷様」と慕われて、一昔前なら農家の庭の一画に、小さな祠(ほこら)が祀られたほど身近な存在でした。

伏見稲荷大社へのアクセス

京都府京都市伏見区深草藪之内町68/JR奈良線・稲荷駅すぐ

経典を守った猫は商業の神様に

奈良時代に仏教の経典をネズミから守るために、大陸からの船に乗せられてきたといわれる猫。平安時代には貴族に可愛がられましたが、気味の悪い化け物と怖れられた時代もありました。しかし、絹織物の生産が全国に広がるとともにネズミ避けの養蚕の神様として人気が復活。また漁師には、猫は漁の良し悪しがわかるともいわれました。そんな猫がキャラクター化されたのが、前足を片方上げた招き猫です。これは江戸時代になってからのことで、発祥の地は浅草の「今戸神社」と伝えられます。吉原の遊女に可愛がられ、この時代には商家の開運のシンボルとなりました。今も人気不動のキャラクターです。

今戸神社へのアクセス

東京都台東区今戸1-5-22/東京メトロ銀座線・浅草駅から徒歩15分

絶滅しても神様として生き残る狼

神社の入り口には左右一対に狛犬が立っていますが、これはインドから伝わった獅子(ライオン)がもとになったという説があります。ところが、この狛犬が狼という神社があります。山を修行の場とした山岳信仰で知られる秩父の三峰神社や奥多摩の「武蔵御嶽神社」がその代表です。

狼の神様は真神(まかみ)や大口真神(おおぐちまかみ)といわれ、魔除けや火除け、盗難避けのご利益があります。その昔、日本人にとって狼は、手なづけることのできない野獣として怖がられましたが、同時に畑の作物を荒らす猪や鹿を退治してくれるありがたい存在だったのです。その狼をまつる神社は、今ではペットの犬の守り神ともされています。日本狼は絶滅したといわれますが、神様としてはいまも現役なのです。

武蔵御嶽神社へのアクセス

東京都青梅市御嶽山176/JR青梅線・御嶽駅からバスでケーブルカー・滝本駅へ。ケーブルカー・御岳山駅から徒歩25分

今も続く動物神の信仰 

多彩な動物神を探そう

これまで挙げた例のほかにも、安産祈願のお犬様、財宝を授ける神様といわれる蛇神、架空の龍や鳳凰など、日本人は動物をもとにした神様が大好き。そして、それを巧みにシンボル化して神社の境内や建物のなかに配置してきました。神社やお寺に出かけたら動物のシンボルを探してみるのも面白いでしょう。漫画のルーツといわれる鳥獣戯画にも動物たちがユーモラスに描かれていますが、現代のゆるキャラブームも、動物好きの日本人らしい発想かもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事