元乃隅稲成神社/御朱印と123基の鳥居は白狐への祈り〜天空に捧げる賽銭〜※アクセス情報、行き方

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  山口県     神社・寺

元乃隅稲成神社/御朱印と123基の鳥居は白狐への祈り〜天空に捧げる賽銭〜※アクセス情報、行き方

元乃隅稲成神社とは

陸の端に鳥居が並ぶ??

123基の鳥居がズラリと並ぶ元乃隅稲成神社。海沿いに並ぶ真紅と透明度の高い海の青さが景観の美しさを際立てる。元乃隅稲成神社は地元の漁師が白い狐に出会い、お告げによって島根県の太鼓谷稲成神社から分霊された神社である。

建てられてまだ60年ほどという新しいものだが、絶景に建つ神社として人気で、多くの観光客が訪れるようになった。元乃隅稲成神社の始まりは地元の漁師によるもので、ある日夢枕に白狐が現れ、この地に祠を建てて祀るようにとのお告げを受けたことに由来するという。隣の島根県は津和野町にある太皷谷稲成神社の協力のもと、同じ御祭神である宇迦之御魂命を祀る。日本国内に稲荷神社は多数存在するが、稲成神社と表記する神社は国内にこの2社だけだと言われており、そのレアさがまた受けている理由のひとつといえる。

稲成神社の「成」とは!?

日本に2つしか存在しないという、稲成神社。稲荷ではなく稲成なのはなぜだろうか。この成の字は大願成就の成が由来だといわれており、様々な願いが叶う神様として多くの参拝客の人気を博している。海に近いことから海上安全や大漁の神様として崇拝されているが、その他にも良縁・子宝・学業・開運・厄除など、多くの人々の願いを聞き入れてくれるありがたい神様だ。

不思議な賽銭箱

裏参道口にある大きな鳥居に注目したい。なんと鳥居の上部に小さな賽銭箱がある。地上約5メートル付近にある賽銭箱はコントロールよく、なおかつ力いっぱい投げなければお賽銭を入れることができない。特に歴史や由来があるわけではないと言うが、投げたお賽銭が入るとそれだけでご利益がありそうな気さえしているのが面白い。

色とりどりの景色が楽しめる

海へと続いて行く道には123基の鳥居が続く。123とは縁起のいい数字でもありパワースポットとしても有名。鳥居の赤と海の青、季節によっては黄色や白の花など色とりどりの光景が広がるもの特徴。景色に気を取られていると突然階段となり斜面も急になるので気を付けたい。

島根県の太皷谷稲成神社とは!?

元乃隅稲成神社に御祭神を分霊した島根県津和野町の太皷谷稲成神社とはどのような神社だろうか。こちらは200年以上昔の話、当時の藩主が京都の伏見稲荷大社から勧められ、津和野城の鬼門に社を建てたことが始まりとされている。最初は歴代藩主の参拝用であったが、後の時代になって庶民にも門戸を開放し、多くの信仰を集めるようになった。今では中国地方で指折りの稲荷神社として崇拝されるようになり、津和野おいなりさんの愛称で親しまれ、日本五大稲荷のひとつとして数えられるまでに至った。

元乃隅稲成神社見どころ

おびただしい数の鳥居は圧巻

斜面を埋め尽くすようにして並ぶ鳥居はどこから写真を撮っても絵になる。中でも最もおすすめしたい撮影スポットは、入れることの難しすぎる賽銭箱から参道を見下ろすようにして写真を撮ると海と空、鳥居がズラリと並ぶ光景と周囲の自然が1枚に収まるはず。時間帯を合わせると、美しい夕陽を見ることができる。

御祭神の使い、キツネ

元乃隅稲成神社は境内というより絶景を望む遊歩道といった雰囲気で、歩いていて大変気持ちが良い。少し階段が多いが、元気に歩いて散策しよう。御祭神である宇迦之御魂命の使いがキツネだと言われており、大鳥居や参道ところどころにキツネの装飾が見られる。裏参道にはキツネの石像が鎮座しており、穏和な表情のキツネにこちらもついつい頬がゆるんでしまう。あまり肩肘を張らずに観光気分で参拝したいところだ。

圧巻!123本の鳥居

参道には赤い色の鳥居がズラリと並び、まさに圧巻の光景である。鳥居の赤と空・海の青さがマッチしてまさに絶景。100メートル以上ある鳥居を全てくぐって歩こう。ちなみにこの鳥居は有志の方々から奉納されたもので、あまりにも多くの鳥居が奉納されたために一旦ストップを掛け、縁起の良さそうな「ひふみ」の123本が建てられているとのこと。

山口のおすすめスポット

元乃隅稲成神社周囲観光スポット

元乃隅稲成神社の周辺は山口県でも有数の観光スポットであり、ドライブコースとしても大変人気。千畳敷はどこまでの続く海の大パノラマが、東後畑の棚田は海とつながりそうでつながらない景色が圧巻♬

ドライブコース♡

海水浴場や温泉が多いのもこのエリアの観光を楽しむひとつの要素となる。黄波戸温泉や油谷湾温泉など温泉が多くあり湯めぐりなども楽しいだろう。家族そろってみんなで楽しむことができるため、元乃隅稲成神社周辺エリアでのドライブはお勧め。彼氏とデートで訪れるならオープンカーで訪れたい絶景と空気の気持ちよさ♡

近隣のスポットも見学しよう

津黄龍宮の潮吹

折角なので、元乃隅稲成神社の近隣スポットにも足を伸ばしてみよう。徒歩で1分ほど行ったところにあるのが津黄龍宮の潮吹という観光名所で、こちらも断崖絶壁という日常とかけ離れた光景である。この辺りは日本海の荒波によって長年に渡り削られた地形で、奥に龍宮があるという言い伝えがあるのでそのような名前が付いたと言われている。削られて穴の開いた岩に荒波が入り込み、岩の間から海水が勢いよく噴き出す現象を潮吹きと呼んでいる。特に秋冬の北風の強い日には見事な潮吹きを見ることが出来、高さ30メートルにもなり、まるで龍が天に昇るかのよう。ダイナミックな自然の力を感じることの出来るこの潮吹きは国指定天然記念物及び名勝に登録され、神社とともに多くの観光客が訪れている。

元乃隅稲成神社へのアクセスは車が便利

元乃隅稲成神社は鉄道の駅から歩くと2時間ほどかかるので、アクセスには車が便利だ。JR山陰本線の長門古市駅からは県道66号線を北に約20分。高速道路からは中国道の美弥インターチェンジで降りて国道・県道を経由して日本海を目指す。

DATA
住所山口県長門市油谷津黄498
最寄り駅JR山陰本線長門古市駅
駐車場あり(無料)
休日年中無休
拝観時間夜以外自由
拝観料無料
アクセスJR山陰本線の長門古市駅からは県道66号線を北に約20分。高速道路からは中国道の美弥インターチェンジで降りて国道・県道を経由して日本海を目指す。
この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事