平等院鳳凰堂/アクセスは京都駅から◎御朱印と周辺ランチが待ち遠しい♬世界遺産の見どころ

国内観光スポット、旅行情報サイト。サムライジャポンTOP  >  都道府県  >  京都府     神社・寺

平等院鳳凰堂/アクセスは京都駅から◎御朱印と周辺ランチが待ち遠しい♬世界遺産の見どころ

平等院鳳凰堂とは

光の寺院

京都府宇治市に所在する平等院は、1052年に平安時代中期の関白・藤原頼通が宇治殿を平等院を改めたことを起源とする。平等院という寺名は、「仏の救済が平等」であることを意味しており、仏の平等を光で顕わしている光のお寺とされる。宇治殿は光源氏のモデルとされる嵯峨源氏の源融の別荘が天皇の孫・源重信の手に、それから摂政藤原道長の手に渡った時に宇治殿となった。宗派はかつては天台宗と浄土宗を兼ねており、平等院には浄土宗の浄土院、天台宗系の最勝院があるが、現在はどの宗派にも属さない寺院となっている。平等院は1994年にに「古都京都の文化財」を構成するひとつの寺院として、ユネスコ世界遺産に登録されている。

国宝・平等院鳳凰堂

1053年に藤原頼通によって建立された鳳凰堂は国宝に指定されており、10円硬貨にも描かれている。鳳凰堂はも極楽の宝池に浮かぶ宮殿のごとく、池の中島に建てられており、水面にその美しく優雅な姿が映し出される。鳳凰堂とその周囲の浄土式庭園は、浄土三部経の一つである『観無量寿経』に書かれている一節「若欲至心生西方者、先当観於一丈六像在池水上」に基づき、極楽浄土と阿弥陀如来を観想するために造られたとされている。堂内の中央には金色の阿弥陀如来坐像が、阿弥陀仏の背後の壁には極楽浄土図が、周囲の壁には九品来迎図が描かれており、極楽浄土の世界を感じる。

国宝・阿弥陀如来坐像

鳳凰堂本尊の阿弥陀如来坐像は国宝に指定されており、平安時代後期の仏師・定朝(じょうちょう)の遺作であることが分かっている。定朝は寄木造技法の完成者とされる日本彫刻史上に名を残す仏師で、平等院の阿弥陀如来坐像が唯一の確実な遺作であるため、定朝の作品は平等院でしか見られない。阿弥陀如来坐像は 頬が丸く張った円満な顔立ち、伏し目がちではあるものの大きな眼をした表情は、印象がやわらかく、優しさを感じさせてくれる。

鳳凰堂屋根上の鳳凰像

鳳凰堂の屋根上に設定されている鳳凰像は大気汚染によって被害を受けるため複製像が設定されており、オリジナルの鳳凰像は平等院ミュージアム鳳翔館で見ることができる。この鳳凰像は壱万円札に描かれているものであり、誰しもが普段から目にしているので親しみが感じられるだろう。

10円硬貨に平等院鳳凰堂が描かれている理由

1951年より発行されている10円硬貨の表面には、平等院鳳凰堂が描かれる。日本の代表的な文化財であり、建物に特徴があることから10円硬貨のデザインに選ばれた。平等院鳳凰堂の鳳凰像は、2004年以降の壱万円裏面に使用されており、10円硬貨と壱万円札の両方に平等院由来のデザインが採用された。

平等院鳳凰堂入場料、営業時間

住所 京都府宇治市宇治蓮華116
電話番号 0774-21-2861
バス停 京阪宇治バス・平等院表参道バス停
最寄り駅 Jr奈良線・宇治駅、京阪電鉄宇治線・京阪宇治駅
駐車場 なし(近隣に有料駐車場あり)
休日 年中無休
拝観時間 庭園・8時30分〜17時30分、平等院ミュージアム鳳翔館・8時30分〜17時、鳳凰堂内部・9時10分〜16時10分
拝観料 一般600円・中高生400円・小学生300円
トイレ あり
公式サイト http://www.byodoin.or.jp/ja/index.html
アクセス Jr奈良線・宇治駅下車、徒歩10分。京阪電鉄宇治線・京阪宇治駅下車、徒歩10分。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪
面白かった等、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると励みになりますm(_ _)m
フォローはこちら↓おもしろい情報がいち早くGETできます♪

この記事に関連する記事

こちらの記事もオススメ!

詳細検索

アクセスランキング
注目のキーワード
関連キーワード
ピックアップ記事